Blog

WordPressでブログを立ち上げたらやるべきSEO対策6選【初心者】

 

悩む人
WordPressを立ち上げたのはいいけどまず始めにやっておくことは何だろう?ブログ運営にSEO対策が重要と聞いたけど、ワードプレスでまず始めにできるSEO対策を知りたいな...

 

こんな悩みに答えます。

 

本記事の執筆者

WordPress使用歴1年以上になります。現在は、Web業界で7年以上働いています。

 

WordPress(ワードプレス)でブログを立ち上げのはいいけど、SEO対策をしておかなければいけないと聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、一体何から手をつけたらいいかわからないのか分からないと思うのも事実です。

 

僕もWordPressでブログを開設したのはいいけど、何を始めたらいいか悩みました...。
KEI

 

WordPressでブログを立ち上げたら、SEO対策をやっておく必要があります。

 

というのも、SEO対策をしておくことで、早くGoogleの検索エンジン上位に上がり読者から読まれる機会がたくさん増えるからです。

 

そこで、本記事では、ブログを立ち上げた後にまずやるべきSEO対策を一覧にしてまとめて紹介します。

 

ブログを立ち上げて、『まず始めにこれをやっておけばよかった...』と思った過去の自分に向けて書いていますので、参考になりましたら幸いです。

 

WordPressでできるSEO対策6選

WordPressでできるSEO対策6選

 

WordPressでサイトを立ち上げた後にできるSEO対策は以下の通りです。

 

  • その①:内部リンクの設置
  • その②:Googleに推奨されるパーマリンクの設定
  • その③:『noindex・canonicalタグ』の設定
  • その④:キャッシュ系プラグインを使いサーバーの負荷を減らす
  • その⑤:「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成する
  • その⑥:WordPressの有料テーマを使う

 

1つずつ順番に紹介していきますね。

 

その①:内部リンクの設置

 

内部リンクは、自サイト内のページを繋ぐリンクのことをいいます。

 

「内部リンク」のイメージ

 

例えば、詳しく内容を伝えたい時なんかに、自分のサイト内の関連する記事に誘導させます。

 

内部リンクは、SEO対策になります!

 

というのも、関連するリンクを設置することで、サイト上での専門性が高まりよりSEO効果が期待できるようになるからです。

 

なお、当ブログでは、WordPressで内部リンクを貼る方法について紹介しています。

 

関連記事
WordPressで内部リンクを貼る方法と最適な貼り方を紹介

続きを見る

 

WordPressを立ち上げるとリンクを貼るところから難しいと感じますが、始めのうちに慣れておくことで今後ラクになりますよ!
KEI

 

この機会に内部リンクの貼り方をマスターしておきましょう!

 

その②:Googleに推奨されるパーマリンクの設定

 

パーマリンクは、「Webサイトのページ毎に設定しているURL」のことです。

 

 

簡単にいいますと、ページごとにある固有のURLのことですね。
KEI

 

パーマリンクって聞きなれない言葉だからなんか面倒そう...』と後回しにしたくなりますよね。

 

でも、パーマリンクを設定しておくことで得られるメリットがあるので、パーマリンクも始めのうちに設定しておくことが吉です。

 

最適なパーマリンクを設定しておくことをGoogleが推奨しており、『Googleに評価される=SEO的にも効果が高い』と考えられています。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用:Google「シンプルなURL構造へ」

 

ユーザーが理解でき、意味のある単語を使用してパーマリンクを設定することがオススメです。

 

また、パーマリンクを後から変更してしまうことで、別ページ扱いになりそのページにアクセスしようと思った時にアクセスできなくなるデメリットがあります。

 

なお、パーマリンクの最適な付け方について悩んだ方は、「パーマリンクとは?WordPressでのおすすめ設定方法も解説!決め方・変更も!」の記事が参考になりますよ。

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

また、WordPressでのパーマリンクの設定方法については、『WordPress開設後にやる初期設定』で紹介していますので、参考にしてみてください!

 

その③:『noindex・canonicalタグ』の設定

 

『noindex・canonicalタグ』は、ある程度記事を書いて記事量が増えたときに使えるSEOテクニックです。

 

「noindex」は、検索エンジンのクローラーにインデックスさせないように伝えるメタタグ設定のことです。

 

例えば、

 

  • 文字数が少ない低品質な記事
  • 重複するコンテンツで検索エンジンにヒットさせたくない

 

上記のような時に使います。

 

WordPressではそんな記事を「noindex」にできる機能が搭載されています。

 

詳しくは、『WordPressで「noindex, nofollow」にする方法』で紹介していますので、インデックスさせたくない記事がでてきた時に参考にしてみださい!

 

canonicalタグ

『canonicalタグ』は、1つのページのみを評価するよう検索エンジンのクローラーに伝えるメタタグのことです。

 

僕の場合ですと、似たような内容のブログ記事をよく書いていたことがあり、後々Googleから重複コンテンツだとみられる可能性について知りました。
KEI

 

そんな時に「canonicalタグ」の設定は、コピーコンテンツとしてGoogleから認識された場合のサイト評価低下を防ぐ役割があります。

 

Googleからの評価を落とすきっかけにもなりますので、対処しておくのがオススメです。

 

その④:キャッシュ系プラグインを使いサーバーの負荷を減らす

 

キャッシュ系プラグインを導入することで、ページの速度改善に役立てることができます。

 

ちなみにキャッシュとは、一度閲覧したことのあるページをより早く開くようにする仕組みのことです。

 

ただ、キャッシュがたまることで、サーバーへの負荷がたまりページ表示速度が遅くなります。

 

サイトの表示速度が遅いことでストレスを感じた経験が1度や2度はあるのではないでしょうか。
KEI

 

そこで活用できるのがWordPressのプラグインです。プラグインを導入してサーバーへの負荷を減らすことができページの速度が改善されます。

 

WordPressで無料のおすすめキャッシュ系プラグインは、以下記事で紹介していますので参考にどうぞ!

 

関連記事
【速度改善】Autoptimizeプラグインの設定方法と使い方

続きを見る

 

導入して初期設定するのに『30分ほど』で完了できるので、本記事をブックマークして時間があるときに設定しておきましょう!

 

その⑤:「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成する

 

Google XML Sitemapsって何...?』とブログを立ち上げたら聞き慣れない言葉で悩むかもしれません。

 

Google XML SitemapsもWordPressプラグインの1つでして、素早く自身のコンテンツをGoogleに認識してもらうためにも必要なプラグインです。

 

ちなみに、検索エンジンに認識してもらうためにはサイトマップは必須になります!
KEI

 

記事を公開してから検索結果に反映されるのを素早く伝えることができるのが「Google XML Sitemaps」で優秀なWordPressプラグインです。

 

また、サイトマップを手動でアップロードする手間がありますが、導入しているだけで自動で生成してくれます。

 

Googleの検索エンジンに早く認識してもらい、読者に流入してもらえるようになるためにも『Google XML Sitemaps』を導入するのがオススメですよ!

 

その⑥:WordPressの有料テーマを使う

 

最後に、WordPressでサイトを立ち上げたら有料テーマを導入するのがオススメです。

 

というのも、大半の有料テーマでは、SEO対策が施されておりデザインも無料テーマと比べると優れています。

 

もちろんWordPressの無料テーマでもサイト制作に必要な機能が搭載されていますが、デザインのカスタマイズに苦労します。

 

SEO対策がすでに施されており、サイト制作にかかる時間を短縮し手間を減らしたい方は有料テーマがおすすめです。

 

関連記事
WordPressのおすすめ有料テーマ7選・無料テーマ1選【失敗しない選び方も解説!】

続きを見る

 

WordPressブログを立ち上げたらやるべきSEO対策6選:まとめ

 

繰り返しになりますが、WordPressでブログを立ち上げたらSEO対策を考える必要があります。

 

その中でもSEOに関係する下記については、先にやっておくことでGoogleから評価され、早いタミングで検索上位を狙うことができますよ。

 

WordPressブログでできるSEO対策

  • その①:内部リンクの設置
  • その②:Googleに推奨されるパーマリンクの設定
  • その③:『noindex・canonicalタグ』の設定
  • その④:キャッシュ系プラグインを使いサーバーの負荷を減らす
  • その⑤:「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成する
  • その⑥:WordPressの有料テーマを使う

 

今回紹介した方法でWordPressで効率よくブログ運営してみてください!

 

また、今回紹介したSEO対策よりは重要ではありませんが、やっておくとより良いWordPressのSEO対策については、以下で紹介しています。

 

 

こちらもスキマ時間にサクッと設定してみてください!

 

本記事を読みWordPressのSEO対策がわかり、ブログ運営がスムーズにできましたら幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Blog