WordPress

Broken Link Checkerとは?設定方法を紹介【リンク切れもう悩まない!】

 

悩む人
WordPressの『Broken Link Checkerプラグイン』って何?WordPressブログのページ内のリンク切れをチェックできると聞いたけど、インストール方法から設定・使用方法について知りたいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

Broken Link Checkは、リンク切れが発生しているページを一括で見つけてくれるWordPressプラグインの1つです。

 

リンク切れは、Webページに貼られているリンクの遷移先にアクセスできない現象を言います。

 

ページ数が多くなると、ページ内に貼っているリンク管理が大変になります。

 

アフィリエイトのサービスが停止になって、気づいたらリンク切れになっていたなんてもともあります。
KEI

 

本記事では、そんなWordPressのプラグインの1つBroken Link Checkerを使って、リンク切れを調べる方法から設定方法までを紹介します。

 

リンク切れはSEO上での悪影響がありますので、プラグインを使って見つけ直すことでサイトの改善に役立てられますよ。

 

WordPressブログで運営しており、リンク切れがないか心配の方はぜひ最後まで読み進めてください。

 

それでは早速始めていきます。

 

Broken Link Checkerとは?

 

先述した通り、Brokke Liink Checkerは、ブログ内のリンク切れをチェックするプラグインです。(Brokke Link Checkerを無料で使用できます。)

 

Brokke Link Checkerの良いところは、ブログ内の内部リンクだけではなく、外部リンクすべてを監視とテストしてリンク切れを見つけてくれるところです。

 

冒頭でお話ししましたように、ページ数が多くなるリンクの管理が難しくなります。
KEI

 

外部のリンク先が閉鎖されたり、URLのスペルミスがあったりした場合に一つずつ探して見つけるのが手間ですよね。

 

そんな手間を解消できるのが、『Brokke Link Checker』です。

 

実際の画面をお見せすると、発見されたリンクエラーは以下のようにダッシュボードで通知してくれます。

 

 

エラー箇所をアラームで通知してくれるので、どこを直せばいいか一目で把握できます。
KEI

 

Broken Link Checkerを使用している間は、サーバーへの負荷がかかりページ速度が遅くなりますので注意が必要です。

 

Broken Link Checkerの設定方法

Broken Link Checkerの設定方法

 

それでは、Broken Link Checkerのダウンロードから設定方法までを順番に紹介します。

 

step
1
「Broken Link Checker」をインストール

 

WordPressを開いて、『Broken Link Checkerをインストールします。

 

 

ダウンロードできましたら、WordPressの「設定リンクチェック」をクリックして設定画面を開きます。

 

 

クリックできましたら、このリンクチェッカーの設定画面から細かい設定をしていきます。
KEI

 

step
2
一般設定

 

タブの「一般設定」をクリックしまして、以下の項目にチェックをつけます。

 

 

  • リンクエラーにカスタム CSS を適用する
  • 削除したリンクにカスタムCSSを適用する
  • 検索エンジンにリンクエラーをたどらせない(nofollow属性をつける)

 

それ以外の「各リンクをチェック」や「通知メールアドレス」などの項目は、お好みで設定しておきましょう。

 

また、以下のチェックは外しておきます。

 

 

  • 提案-リンク切れに代わるものを提案する: チェックを外す

 

変更できましたら「変更を保存」をクリックして、『高度な設定』をしていきます。

 

step
3
「高度な設定」を設定

 

高度な設定」のタブをクリックします。

 

ここでは、WordPressの負荷を減らすために「リンクモニター-バックグラウンドで1時間ごとに実行する」のチェックを外しておきます。
KEI

 

 

チェックを外しましたら、ページ下の「変更を保存」をクリックして設定の完了です。

 

設定お疲れ様でした!
KEI

 

Broken Link Checkerの使用方法

Broken Link Checkerの使用方法

 

Broken Link Checker」設定ができましたら、使い方をご紹介します。

 

以下の使用方法について紹介します。

 

  • リンクエラーの確認方法
  • リンクエラーの修正方法

 

上記の手順でリンクエラーが起きている所の修正をしていきます。
KEI

 

リンクエラーの確認方法

 

WordPressの「ツールリンクエラー」をクリックします。

 

 

クリックすると以下の画面になりますので、リンクエラーが起きているページを確認します。
KEI

 

 

赤ワクで囲った箇所が、エラーが起きている箇所です。黄色か赤色でステータスが表示されます。

 

上記の画面では「403 Forbidden」のエラーコードしかありませんが、「403エラー」「404 Not Found」といったエラーコードもありますのでそれらも修正しましょう!

 

リンクエラーの修正方法

 

見つかったリンクエラーを修正するには、「URLを編集」をクリックします。

 

 

クリックすると以下の画面になるので、修正後の「テキスト」と「URL」をボックス内に入力して「更新」をクリックします。

 

 

最後に、再確認を押して問題ないか確認しておきましょう!

 

 

後は、ステータスが「200」に変わっていれば問題なく修正完了です。
KEI

 

Broken Link Checker以外のリンク切れチェックツール

 

最後に、Broken Link Checker以外のリンク切れチェックツールを紹介します。

 

オススメのリンク切れチェックツール

1.Dead-link-checker.com

2.takotubo.jp

Broken Link Checkerのように管理やリンク切れをすぐに修正できませんが、プラグインをあまり入れたくなかったりブラウザ上ですぐに確認したい方にはオススメです。
KEI

 

.Dead-link-checker.com

 

1つ目が、「Dead-link-checker.com」です。

 

プラグインのようにインストールする必要なく、ブラウザ上でリンク切れチェックできるツールです。

 

ボックス内にURLを入力して「チェック」をクリックすれば、サイト全体のリンク切れをチェックしてくれます。

 

ただページ数が多いと、リンクチェックが完了するのに少し時間がかかったり、リンクが繋がっているのにエラーが出てしまう場合もあるようです。

 

リンク切れチェックの結果が出ましたら、リンク切れが本当に起きているのか、該当ページを開いて1ページずつ確かめてみることをおすすめします。

 

2.takotubo.jp

 

2つ目が「takotubo.jp」で、こちらもブラウザ上で確認できるツールです。

 

株式会社ディーボ』が提供されている無料リンク切れチェックツールです。
KEI

 

ページのURLを入力して「Check!」ボタンを押せば、リンク切れの有無を自動で取得してくれる優れたツールです。

 

Dead-link-checker.com」「takotubo.jp両方使いやすいツールですので、お好みの方で使用してみてください!

 

Broken Link Checkerを使ってリンク切れを確認しよう!:まとめ

 

今回は、Broken Link Checkerについて紹介しました。

 

ブログの記事が増えると、ページ内のどこがリンク切れになっているのか探すのが本当に面倒です。
KEI

 

特に、アフィリエイトのリンクを貼っていてリンク先が閉鎖されていると収益化の機会損失になってしまいます。

 

そんな機会損失を防ぐのに役立つのがBroken Link Checker」です。

クリックしたのにページ先がなく離脱されたら勿体無いので、リンク切れのチェックが大変でしたら試してみてください。

 

SEO対策にもなるので、ぜひ使用してみてください!

 

なお当ブログでは、その他にブログで役立つSEO対策について紹介しています。気になる方は以下記事よりご覧下さい!

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-WordPress