WordPress

WordPressのおすすめ有料テーマ7選・無料テーマ1選【失敗しない選び方も解説!】

2020年12月1日

 

悩む人
WordPressでテーマの導入を考えているけど、おすすめのテーマがあれば知りたいな...。

 

こんな悩みに答えます

 

結論から、おすすめのWordPressテーマは、以下7つです。

 

 

本記事の信頼性

Web好きでWeb業界に6年間働いています。

 

本記事では、前半に「WordPressテーマの決め方」について紹介し、後半ではおすすめのワードプレステーマ7つの詳しい特徴について、解説します。

 

この記事を読み進めて、自分にあったブログテーマが見つかりましたら幸いです。

 

それでは、早速始めていきますね!

 

 

WordPress(ワードプレス)テーマを選ぶポイント

WordPress(ワードプレス)テーマを選ぶポイント

 

まず、WordPressテーマを決める基準について、紹介します。

 

  • その①:スマホ対応している
  • その②:サイトのデザイン性
  • その③:カスタマイズしやすい
  • その④:SEO対策が済んでいるテーマを選ぶ
  • その⑤:検索すると情報がある(サポート体制が充実している)

 

その①:スマホ対応している

 

スマホ対応(レスポンスデザイン)であるテーマを選ぶことをおすすめします。

 

というのも、近年スマホを利用するユーザーの割合が増えています。

 

我が国では、スマートフォンは2010年ころから普及が始まった。スマートフォンの個人保有率は2013年から2017年の間に全体で10%以上増加している(図表4-2-1-3)。

引用:総務省:インターネット利用の広がり

 

もし、スマホに最適化されていないサイトですと、文字もみづらく、使いづらいと感じますよね。

 

また、レスポンスデザインに最適化されているテーマですと、コーディングも不要で、ワードプレス用のプラグインを導入する必要もありません。

 

記事の執筆に集中できますので、スマホに最適化されたテーマを選びましょう!

 

その②:サイトのデザイン性

 

ワードプレスのテーマによって、デザインの雰囲気が異なります。

 

「可愛らしい」テーマもあれば、「スタイリッシュ、洗練された」など、テーマによってデザインが違います。

 

恐らく、サイトを開設してテーマを選ぶときに、一番悩むのがデザインだったりするかもしれません。

 

もし、悩みましたら、デォルトのデザインが自分好みのテーマを選ぶことをおすすめします。

 

デフォルトで用意されているものを使用すれば、カスタマイズが簡単にできるため、運用に負荷がかかりません。

 

その③:カスタマイズしやすい

 

HTML, CSSなどの知識がなくても、ボタン一つでオシャレなデザインが簡単に作れるテーマがおすすめです。

 

例えば、ブログやサイトを1人で運用する初心者の方であれば、サイトの細かいデザインを実装するのは結構ハードな作業です。

 

ボタン一つで簡単に機能を追加できるテーマがあると、ライティング作業に専念することができます。

 

その④:SEO対策が済んでいるテーマを選ぶ

 

SEO対策が済んでいるテーマを選ぶといいです。

 

具体的に、以下の対策がされていると良いです。

 

  • SEO対策用のプラグインを導入しなくてもOKなテーマ
  • ページの表示速度が早い
  • 『タイトル』『ディスクリプション』の設定ができる

 

ワードプレスには、SEO対策用のプラグインもありますが、インストールしすぎると、干渉しあい不具合を発生させる可能性があります。

 

また、ワードプレスを始めたばかりですと、プラグインの管理が少し手間に感じたりします...。(僕だけかもしれませんが...)

 

負荷を減らすためにも、すでにSEO対策されているテーマを選びましょう!

 

その⑤:検索すると情報がある(サポート体制が充実している)

 

ワードプレスのテーマを使っていると、使用方法や、そのテーマを使っている参考サイトを真似したいと思います。

 

そのため、ググってみて、使用方法を解説しているサイトが沢山あるテーマを選ぶことをオススメします。

 

情報が少なければ、そのテーマの機能を追加しようと思った時に苦しんでしまいますので...。

 

また、販売元からサポートを受けるテーマを選んでみるのもおすすめします。

 

万が一、導入などでつまずいた時に、お問い合わせをして、サポートしてもらえると安心して利用できます。

 

おすすめのWordPressテーマ(有料)

おすすめのWordPressテーマ(有料)

 

それでは、ここからおすすめのWordPressテーマ、以下7つ紹介します。

 

おすすめのWordPressテーマ①:
AFFINGER5

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

1つ目は、『AFFINGER(アフィンガー)』です。

 

テーマの中でも、「デザイン」「SEO対策」で優秀なテーマの1つです。

 

また、アフィンガーは、数あるテーマの中でも「稼ぐ」に特化したテーマです。

 

そのため、アフィリエイトで稼ぐブロガーさんにも、愛用されているテーマの1つと言えます。

 

当ブログでは、アフィンガー5のテーマを使用しており、感想を以下記事にまとめていますので、参考にしてみてください!

 

関連記事
AFFINGER6(アフィンガー)を使ってみての感想【メリット・デメリットを紹介】

続きを見る

 

料金:14,800円(税込)

 

» AFFINGERを無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ②:
SANGO(サンゴ)

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

2つ目に、開設1年で200万PV/月を超えた、webメディア「サルワカ」さんから生まれた『SANGO(サンゴ)』です。

 

居心地いいデザインで、つい読み進めたくなるようなデザインなのが特徴です。

 

また、「SEOの内部対策」「レスポンスデザイン対応」があり、かゆいところまで手がとどくテーマの1つと言えます。

 

優しい感じのデザインにしたくて、ワードプレスの機能に困りたくないな...と思う方に、最適なテーマです。

 

料金:11,000円(税込)

 

» SANGOを無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ③:
STORK(ストーク)

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

3つ目が、オープンケージが提供しているブロガー専用テーマ「stork」です。

 

ブログ運営していると、同テーマを使っている人と、デザインが被りがちになります。

 

STORKは、そんなデザインの被りをなくすために、テーマカラーを変更することで、オリジナルなデザインを確立できます。

 

料金:¥11,000(税込)

 

» STORKを無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ④:
賢威(けんい)

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

4つ目が、「ウェブライダー」の松尾さんが開発したワードプレステーマ、『賢威』です。

 

上位表示実績のノウハウを詰め込んだのが、この「賢威」で、検索上位を狙うのであれば、おすすめのテーマの1つです。

 

高機能で値段もやや高めですが、サポートも充実しているので、安心して利用できるテーマだと思います。

 

料金:27,280円(税込)

 

» 賢威を無料でみる

おすすめのWordPressテーマ⑤:
SWELL

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

5つ目が、「SWELL」です。

 

記事執筆や、コンテンツ制作に集中できるような機能が豊富に揃っています。

 

  • フルワイド
  • アコーディオン
  • 吹き出し
  • バナーリンク

 

など、SWELL専用ブロックが豊富にあります。

 

HTML, CSSの知識がない初心者の方でも、独自ブロックを使うことで、美しいデザインを簡単に作ることができます。

 

料金:¥17,600円(税込)

 

» SWELLを無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ⑥:
THE THOR(ザ・トール)

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

6つ目が、「THE THOR(ザ・トール)」です。

 

「HTML,CSSの知識がないけど、簡単におしゃれなデザインを作りたい...」と考えている人の願いを叶えられるテーマの1つです。

 

また、「SEO対策」、「集客・収益支援システム」も実装されています。

 

サイト初心者がつまずきそうなところを、簡単に、そして安心して運営ができる優しいテーマと言えます。

 

料金:16,280円(税込)

 

» THE THOR(ザ・トール)を無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ⑦:
STREETIST

おすすめデザインSEOレスポンシブ対応
対応

 ※スマホで横スクロールできます

 

最後に紹介するのが、2019年にリリースされた新しいワードプレステーマ「STREETIST」です。

 

スタイリッシュなデザインが特徴的で、上質な印象を受けるテーマです。

 

また、デザインが素晴らしいだけではなく、サイトの高速化・SEO対策までしっかりカバーされています。

 

STREETISTもアフィンガーと同様に、1度購入すれば複数サイトに使用することができます。
KEI

 

デメリットを1つ挙げると、新しいテーマであるためググっても情報が少ないことです。

 

そのため、ワードプレスに慣れていない方は、使いづらいと感じるかもしれません。

 

とはいえ、サポート体制もあるので不明な点はお問い合わせができるのと、デザイン性や機能面は、他のテーマに引けを取らないテーマです。

 

料金:¥14,300円(税込)

 

» STREETISTを無料でみる

 

おすすめのWordPressテーマ(無料):Cocoon(コクーン)

 

始めは費用をかけたくないな...と思う方には、『Cocoon(コクーン)』がおすすめです。

 

無料テーマですが、初心者にとって操作しやすく、使える機能も豊富にあります。

 

当ブログも始めはコクーンのテーマを使って、運用していましたよ!

 

僕の場合、SEOをもっと強化したかったり、「AFFINGER」デザインに憧れて最終的にに変えました!
KEI

 

WordPressテーマの導入手順

WordPressテーマの導入手順

 

最後にワードプレスにテーマを導入する方法について、紹介します。

 

※今回は「AFFINGER(アフィンガー)」のファイルを事例に解説します。

 

手順①:ダウンロードしたZIPファイルを解凍

 

「購入 → ダウンロード」が完了しましたら、ZIPファイルを解凍します。

 

アフィンガーファイルの写真

 

その中に「affinger5-child.zip」「affinger5.zip」がそれぞれ入っているので、これらをWordPressにアップロードします。

 

アフィンガー5の親・子ファイル写真

 

 

手順②:「.zip」ファイルをアップロード → インストール

 

「.zip」ファイルをアップロードするために、WordPressの管理画面にいき「外観 → テーマ」をクリックします。

 

以下のように、テーマ内の「新規追加」をクリックします。

 

WordPress管理画面

 

クリック後、「テーマを追加画面」に切り替わるので、「テーマのアップロード」をクリックします。

 

テーマを追加の写真

 

以下の画面になりましたら、「.zip」ファイルをそれぞれアップロードします。

 

テーマのアップロードの写真

 

今すぐインストール」をクリックすると、インストールが開始されます。

 

テーマのインストールが完了しました」と表示されたら、完了です。

 

 

最後に、「有効化」にして終わりです!

 

まとめ:おすすめのWordPressテーマ7選(有料)+1選(無料)

まとめ:おすすめのWordPressテーマ7選(有料)+1選(無料)

 

いかがでしたか?

 

最後に今回紹介した、ワードプレステーマを再掲しておきます。

 

 

どのテーマも上質で機能面・SEOの対策がされているので、正直、甲乙つけがたいです。

 

ただ、自身のサイト・ブログのテーマに合わせて、最終的に判断してみるのもいいかもしれません。

 

本記事を読み、お気に入りのワードプレステーマが見つかりましたら幸いです。

 

今回は以上です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-WordPress