Webディレクター

webディレクターが向いている人・向いていない人の特徴

2020年7月19日

Webディレクターに向いていない人の特徴5つ【現Webディレクターが解説】

 

悩む人
webディレクターに興味があるけど、どんな人が向いているのかな?また、webディレクターとして働いているが自分が向いてないんじゃないかと不安になる...。

 

こんな悩みに答えます

 

こんな方におすすめ

  • どんな人がwebディレクターに向いているのか知りたい
  • webディレクターに興味あるけど自分が向いているのか不安
  • ディレクターに不向きなのではないかと不安

 

webディレクターでしたら、『向いていないな...』『もっと自分に合った仕事があるのではないか?』と1度や2度思ったことがあるのではないでしょうか?

 

僕は、約5年ほどwebディレクターとして働いていますが、新卒で入社して3年間は自分には向いていない職種だと何度も思っていました(正直、今でも思いますが...)

 

どの職種にも言えることだと思いますが、Webディレクターは特に向き・不向きが分かりづらい職種です。

 

そこで、本記事では、5年間働いてみて感じた『Webディレクターに向いている人』『向いていない人』の特徴をそれぞれ紹介します。

 

これからwebディレクターとして目指す人』『webディレクターとして働いている人の特徴はどんな人?』と考えている方の参考になりましたら幸いです。

 

それでは、早速始めていきます。

 

 

Webディレクターに向いている人の特徴

Webディレクターに向いている人の特徴

 

webディレクターに向いている人の特徴は以下です。

 

  1. 人とのコミュニケーションが好き
  2. マルチタスクをこなせる
  3. 自分で考えて行動できる
  4. 細かいことに気がつく
  5. 問題解決能力が高い
  6. やり抜く力がある
  7. 学ぶ意欲がある

 

①:人とのコミュニケーションが好き

 

webディレクターは、『クライアント(お客さん)』と『現場制作スタッフ』の間に入って要件を決めたりメンバーを指揮します。

 

そのため、年齢や性別関係なく色んな人とコミュニケーションをする機会があります。

 

例えば、コミュニケーションが必要な場面は以下です。

 

  • 進行しているプロジェクトを現場スタッフに共有する
  • ヒアリングした要件をプロジェクトメンバーに共有する
  • クライアントの要望が無理であれば、納得してもらうように説明する

 

他にもありますが、webディレクターは多くの人とコミュニケーションをします。

 

なので、人とコミュニケーションが好きな人であればwebディレクターは適正だと思います。

 

②:マルチタスクをこなせる

 

webディレクターはマルチタスクをこなす能力も必要です。

 

1人のディレクターが複数案件を同時にこなすことが多いので、タスクを細分化したり、優先して取り組むタスクを調整したりします。

 

やることが同時並行で動いても、管理がしっかりできて作業の優劣をつけることができる方は、ディレクターに向いています。

 

③:自分で考えて行動できる

 

指示を待つのではなく、自分から考えて行動できる人もディレクターに向いていると思います。

 

というのも、ディレクターは次にやることを予測して、クライアントへの確認や制作メンバーへの指示出しをするからです。

 

ディレクターが、次にやることを考えて自発的に行動できなければ、プロジェクトは進行しません。

 

率先して行動できるのは、クライアントからも重宝される要素の1つだと思います。

 

④:細かいことに気がつく

 

webディレクターは、時として神経をものすごく使う、メンドウな作業をすることもあります。

 

というのも、webディレクターはサイト公開前に『リンク切れチェック』や『反映漏れ』などの細かい品質チェックをするからです。

 

イト公開前に1つでも抜け漏れがあることで、問題にもなるので、かなり神経を使って細かくチェックする必要があります。

 

僕はこのマルチタスクが正直苦手です...(汗)
KEI

 

細かい作業が平気な人はディレクターとしてストレスを感じず働けるのかなと思います。

 

⑤:問題解決能力が高い

 

問題に直面した時に、筋道を立てて考えるのが得意な方は、ディレクターに向いています。

 

なぜなら、ディレクションをしていると悩ましい場面に直面することが多々あるからです。

 

例えば、『スケジュールの遅延が発生していて、どこでリカバリーするか?』『緊急対応が重なった場合の優先度を決める』など。

 

問題に直面してもベストな最善策を探して、問題解決できるのはディレクターに向いている要素の1つだと思います。

 

⑥:やり抜く力がある

 

やり抜く力』もディレクターとして必要な要素です。

 

大規模なサイト公開であれば、長い期間プロジェクトに参画するため、忍耐力が求められます。

 

正直、その間にストレスを感じること嫌なことがあり、投げ出したくなることが多々あります。

 

それでもめげずに取り組めて、プロジェクトを最後までやり抜けるのは、ディレクターに向いているなと感じます。

 

最後まで地道にコツコツこなせるのはディレクターとして強いです。

 

⑦:学ぶ意欲がある

 

数年前に流行ったWebトレンドが、数年後には時代遅れになっていることがよくあります。

 

なので、少しでもIT技術の勉強を怠るとついていけなくなります。

 

また、理解した内容をクライアントに提案してアウトプットする必要があります。

 

ITの進化に敏感で、最新のwebトレンドを学ぶのが好きな人であれば、ディレクターは向いていると感じます。

 

Webディレクターに向いていない人の3つの特徴

悩んでいる写真Webディレクターに向いていない人の3つの特徴

 

最後に、Webディレクターに向いていない人の特徴を簡単に紹介します。

 

Webディレクターに向いていない人の特徴

  1. コツコツ何かをやるのが好き
  2. 自分の意思を強く持ちすぎる
  3. コミュニケーションが好きではない

 

コツコツ作業するのが好き

 

コツコツ集中して何かをやるのが好きな方は、ディレクターは不向きな感じがします。

 

ディレクターは、時間を確保して1つの作業に集中して取り組むことが難しいからです。

 

例えば、午前中は会議やクライアントからの連絡の対応をしたり、午後はクライアント先に訪問する...。と続くことがあります。

 

もちろん、毎日続くことはありませんが、同じスケジュール・ルーティーンで業務をこなすことは少ないです。

 

なので、変則的な仕事が苦手でどちらかというとコツコツ作業するのが好きな方であれば、メンドウだなと思うかもしれません。

 

自分の意思を強く持ちすぎる

 

『自分の意思』を持ってクライアントと接することは大事だなと思います。

 

というのも、自分の意思・意見を何も持たず、クライアントからの依頼をそのまま制作スタッフに渡すだけでは連絡係になってしまうからです。

 

なので、自分の考えや意思を持って、クライアントと話すのは大切だなと思います。

 

ただ、クライアントの要望をすぐに否定したり、制作スタッフの意図を聞かずに、自分の意思を曲げないのも問題なのかなと。

 

時として自分の意思を捨てて、クライアントや制作スタッフの声を聞いて、両者が納得する形に話を進めていくのが大事だと思います。

 

なので、相手の意見を尊重して臨機応変に対応できる方は、ディレクターに向いている気がします。

 

コミュニケーションが苦手

 

『人とのコミュニケーションが苦手な人』は向いていないかもしれません。

 

先述したように、ディレクターは制作スタッフへの指示やクライアントとのやり取りが日常茶飯事だからです。

 

新規クライアントからWeb制作の相談があれば、初めてお会いするクライアントであっても、コミュニケーションをしなければいけません。

 

また、社内のプロジェクトメンバーが困っていれば、積極的に声をかけたりして相談する配慮も必要です。

 

逆に言えば、ディレクターは色んな人と関わることができ、コミュニケーションできるのがメリットの1つだなと思います。

 

『色んな人と会ってコミュニケーションするのが好きじゃないかも』と感じる方は、ディレクターは向いていないかもしれません...。

 

まとめ:webディレクターに向いている人・向いていない人

達成感の写真まとめ:webディレクターに向いている人・向いていない人

 

今回は、webディレクターに『向いている人』『向いていない人』について紹介しました。

 

最後にご紹介した内容をおさらいします。

 

webディレクターに向いている人

  • 人とのコミュニケーションが好き
  • マルチタスクをこなせる
  • 自分で考えて行動できる
  • 細かいことに気がつく
  • 問題解決能力が高い
  • やり抜く力がある
  • 学ぶ意欲がある

 

webディレクターに向いていない人

  • コツコツ何かをやるのが好き
  • 自分の意思を強く持ちすぎる
  • コミュニケーションが好きではない

 

最後に、自分がディレクターに向き・不向きか周りに相談できる人がいないと分からないですよね。

 

そんな時は、転職エージェントに自分の適正を相談するのが一番です。

 

僕の場合は、対クライアントではなく、自社サイトのWebディレクターに興味があったので、エージェントさんに要望を聞いてもらい、自分にマッチする企業さんをいくつか紹介してもらいました。
KEI

 

ディレクターといっても、やる仕事内容が幅広かったり、得意分野で変わってくるので、適性を判断してもらうためにも、転職エージェントに相談してみるのをオススメします。

 

 

ここまで読んでいただき有難うございました。

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Webディレクター