Web

Web業界で働くための勉強方法4選【体験談】

 

こんにちは、keiです。

 

悩む人
Web業界に入ってやっておいた方がいい勉強や、やって良かったことがあれば教えて欲しいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

こんな方におすすめ

  • Web業界で働くのに勉強しておくといいことを知りたい方
  • Web業界に必要な勉強をしておくことで、現場で困らないようにしたい
  • 将来的にWeb業界で働いてみたい

 

本記事の執筆者

Web業界に働いて6年ほど経ちます。現在は、Webディレクターという職種で働いています。

 

新卒で知識がない中でWeb業界で働くのは大変だと思います。

 

というのも、Web業界でも職種がたくさんあるので、学習するのにも色んな方法やり方があるからです。

 

本記事では、6年間Web業界で働いて、やっておいて良かった勉強について4つを紹介したいと思います。

 

Web業界に興味があり、これからWeb業界で働いてみたいと思っている方の参考になりましたら幸いです。

 

 

Web業界で勉強してよかったこと4選

Web業界で勉強してよかったこと4選

 

Web業界で働くのに勉強しておいてよかったことは、以下です。

 

・その①:Webに関する本を読む

・その②:Webスクールに通う

・その③:オンラインで勉強する

・その④:ブログを開設する

 

その①:Webに関する本を読む

 

まずは、『Web業界で働いたら何を勉強したらいいのか?』と悩んだ時に、始めてやっておいてよかったのがWebに関する本をたくさん読んでみることです。

 

とはいえ、Webに関する本といってもマーケティングから、Webデザイン、プログラミングを学べる本など多種多様にあります。

 

始めは気になるWebの本を読んでみるでOKです。

 

例えば、HTML,CSSについて網羅的に解説してくれている書籍や、Webデザインの本を読んでみることです。

 

Web業界の全体が理解できる本

 

まずは『Web業界でどういったことをやっているのか?』を知るのに役立ったのが以下の本です。

 

 

この1冊を読むことでWeb業界でやっていることを網羅的に理解できます。

 

例えば、

 

  • Webマーケティングの基本がわかる
  • Webサイトを成長させるために具体的な施策や分析方法を知りたい
  • Web業界でやっている全体の流れを理解してみたい

 

こんな感じで、本書では学ぶことができます。

 

ただ、『文字ばかりだけだと正直飽きちゃうな...』と思う方は、以下の「沈黙のWebマーケティング」がオススメです。

 

 

本書は、マンガ風でWebマーケティングの考え方が紹介されているので、初心者でも読みやすい一冊です。

 

また、僕自身、Webディレクターという仕事をしていますが、Webディレクターになって読んでよかった本については、以下記事でまとめて紹介しています。

>> 参考:新人・未経験のWebディレクターにおすすめの本7冊

 

もしよければ参考にしてみてください。

 

その②:Webスクールに通う

 

Web業界で働く前にWebスクールに通って勉強するのもアリです。

 

僕自身、Web業界で働き始めた頃、HTML,CSSが全く理解できずスクールに通って学習しました。
KEI

 

特に、Webエンジニアやデザイナーを目指すのであれば、3ヶ月ほど集中的に通えば、HTML,CSSの基礎知識は理解できるようになるかなと。

 

1からサイト制作の流れを学ぶことができ、サイトがどのように作られているのかを理解でき業務に行かせるのが良いところです。

 

Webスクールに通うデメリット

 

正直、仕事終わりや週末にWebスクールに通うのは結構大変です...。

 

KEI
週末好きなこともできませんし、お金を払ったのに習得できなかったり、自分に向いていなかったらどうしようといった不安もあります。

 

ただ、Web業界のいいところは、いろんな職種があるので自分に合わないなと思っても、方向転換できるのもいいところだと思います。

 

まずは、行動してみてプログラミングやデザイナーが合わなければ、マーケッターやディレクターとしての道を考えることができます。

 

始めはスクールで集中的に学習し、自分がWeb業界のどの道を進んでいくのか決めていくのも1つの手段です。

 

KEI
Webスクールの中では、卒業後の進路を一緒に考えてくれるスクールもあるので、そういったスクールを選びのもポイントです。

 

その③:オンラインで勉強する

 

オンライン学習で勉強するのもオススメです。

 

KEI
オンライン学習の良いところは、自分のペースで学習することができ、スクールに通うより月額の費用も安価ですみます。

 

メリットをまとめると以下の感じです。

 

オンライン学習のメリット

・スクールより格安で学習できる(無料のオンライン学習もあり)

・時間や場所を問わず学習できる

 

オンライン学習では、デザイン、プログラミングなど幅広く学習できるのが良いところかなと。

 

また、Web業界で働いていると、その時に必要だと思うスキルがたくさんあります。

 

オンライン学習では、幅広い学習コンテンツが提供されているので、自身が必要と思った講座が見つかりやすいのも特徴的です。

 

>> 参考:Udemyの評判と間違えないコース選び

 

その④:ブログを開設する

 

今ではブログを始めたことで得られるスキルがたくさんあることに気が付けましたが、始める前は『ブログをやってWebの知識が身につくの?』と疑問を持っていました。

 

実際、ブログを始めることで、以下のスキルが身につきます。

 

  • SEO
  • サーバー
  • ドメイン契約
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Webライティングスキル
  • WordPressなどCMSを使えるようになる

 

Web業界で働くのに必要なスキル・知識をブログ運営で得られます。

 

ブログは目的がないと続かないです

 

とはいえ、ブログは目的がないと続けるのが正直難しいです。

 

というのも、ブログを始めて1年間継続できるのが10%〜20%と言われているからです。

 

なので、目的もなくブログを続けるのはあまりオススメができないかなと。

 

ただ、ブログで得られるWebのスキルは沢山ありますし、Web業界で働く前には間違いなくいい勉強ツールです。

 

ブログの始め方(WordPress)

関連記事
【初心者でも簡単!】WordPressでブログを開設する方法・始め方

続きを見る

 

正直、ブログで得られた知識を現場でアウトプットできるので、ブログはWebを勉強するのに最適なツールでオススメです。

 

Web業界で勉強してよかったこと:まとめ

 

Web業界では、実践で経験を積んでいくことでスキルが身につくことが多いです。

 

ただ、働いていると壁にぶち当たることがあります。

 

そんな時に、個人で勉強してスキルを身につけることで理解が深まり、仕事を進めやすくなります。

 

Web業界で働く前に勉強しておいた方がいいことを理解できましたら幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Web