ブログ

ブログ記事を書いたらスマホでチェック!【スマホ対応しているブログサービスも紹介】

2020年11月11日

 

悩む人
ブログ記事を書いたらスマホでサイトチェックした方がいいのかな...?ブログでスマホをチェックで見るべきポイントを知りたいです。また、スマホでブログ記事を書いてみたいので、スマホ対応しているおすすめのブログサービスについても知りたいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

こんな方におすすめ

  • スマホ対応されているブログサービスを選んだ方がいい理由について知りたい方
  • スマホでサイトをチェックする際の見るべきポイントを知りたい方
  • 検索エンジンで上位を獲得するためにスマホでできるSEO対策について知りたい方
  • スマホ対応されているおすすめのブログサービスについて知りたい方

 

本記事の執筆者

当ブログでは、WordPressの基本的な設定方法からアフィリエイトに関する役立つ情報を発信しています。現在では、Webディレクターとして7年間働いており、Webやブログに関する情報を分かりやすく記事にして紹介しています。

 

最近では、スマホ対応しているブログサービスが多く増えていますね。

 

そのため、パソコンを所持していなくてライティングや記事編集がどこにいても自由にできるようになりました。
KEI

 

また、Googleの検索エンジンによって、スマホに対応しているブログサービスを選ぶのは必須になります。

 

本記事では、そんなスマホ対応(モバイルフレンドリー)したブログサービスを選ぶ理由と、スマホで書くべきポイントについて紹介します。

 

スマホに対応しているブログサービスを選ぶことは、ブログ運営者と記事を読みに来てくれるユーザー両方にメリットがありますので、ぜひ読み進めてみてください。

 

記事後半では、スマホ対応しているブログサービスについても一覧で紹介しますので、スマホだけでブログを書いてみたい方の参考になりましたら幸いです。

 

それでは、早速紹介していきます。

 

スマホ対応しているブログサービスを選ぶ2つの理由

スマホ対応しているブログサービスを選ぶ2つの理由

 

冒頭でも書きました通り、ブログサービスを選ぶ際にスマホ対応しているサービスを選ぶのが必須になります。

 

主な理由は以下です。
KEI

 

  • スマホユーザーの利用率が上昇
  • Googleがモバイル版サイトを積極的に採用

 

1つずつ順番に紹介します。

 

1. スマホユーザーの利用率が上昇

 

近年、スマホユーザーは増えていますよね。

以下は、ニールセンデジタルが発表しましたデジタルメディアの利用動向です。

 

スマートフォンからのインターネット利用者は、2019年4〜6月時点で7,078万人。50~60代のスマートフォン利用率が大きく上昇し、スマートフォンがインターネットを利用する際のメインデバイスとなった。これにより全世代が、スマホメインでネット利用していることとなる。

引用:全世代でスマホがネット利用のメインデバイスに、一方で年齢ごとに利用傾向に差【ニールセン調べ】

 

スマホユーザーは、若い年代での利用率が大きかったですが、年代が高いユーザー層の利用率も増えています。

 

そのため、スマホはメインデバイスとなっており、「商品購入」「情報を探す」際にモバイル(スマホ)を使ってアクションを起こすと考えられます。

 

幅広い年代層で、PCよりスマホを利用するユーザーが増えました。
KEI

 

2. Googleがモバイル版サイトを積極的に採用

 

検索エンジンですと『Google』『Yahoo!』『Bing』が特に有名ですよね。

 

その中でも『Google』は、有名な検索エンジンで日本で最も利用されている検索エンジンの1つです。

 

そんなGoogleは、モバイルフレンドリー対応を推奨しています。

 

モバイルフレンドリー対応は、Googleが2015年に全世界で実装したアルゴリズムで、スマートフォンに対応していないサイトのページ順位を落とすと言われいます。

 

現在はモバイルが主流です。ほとんどのユーザーは、モバイル デバイスを使って Google で検索しています。PC 向けのサイトは、モバイル デバイスでは見づらくて使いにくいことがあります。そのため、サイトをモバイル対応にすることは、オンラインでの存在感を高めるうえで欠かせません。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

 

Googleの検索順位が落ちると読者から読まれないのでアクセス数を増やすのが難しくなります...。
KEI

 

そのため、スマホ対応しているブログサービスを選ぶのがポイントです。

 

ちなみに「Yahoo!」もGoogleと同じ検索アルゴリズムを導入していると言われていますので、Googleの対策をしておけばOKですよ。

 

スマホ向けブログサービス5

スマホ向けブログサービス5

 

スマホに対応しているブログサービスを紹介します。

 

スマホに対応しているブログサービス

  1. WordPress
  2. はてなブログ
  3. FC2ブログ
  4. livedoor Blog(ライブドアブログ)
  5. note

SEO対策になるだけではなく、自身でコーディングをしてカスタマイズする必要がありませんので、どれも気軽にブログを始められます。
KEI

 

1つずつ順番に紹介します。

 

1. WordPress

引用元:WordPress

 

WordPressは、レスポンシブ対応をしているブログサービスの1つです。

 

ブログサービスの中では、一番有名でして日本のシェア率も断トツで多いです。
KEI

 

広告をいくらでも貼ることができ、カスタマイズのしやすさから有名なブログアフィリエイターや有名人にも使われています。

 

また、WordPressテーマを導入すれば、デザインスキルがなくてもスマホ対応のデザインを誰でも簡単に作れます。

 

スマホアプリでの対応もしているので、パソコンがなくても記事編集が可能です。

 

WordPressの開設方法については、以下記事で紹介していますので、WordPressでブログを始めようと思いましたらチェックしてみてください。

 

【初心者でも簡単!】WordPressでブログを開設する方法・始め方

  悩む人WordPress(ワードプレス)でブログの開設をしたいです!開設方法を知りたいのですが、どうやったらブログを始められますか?   こんな悩みに答えます。   ...

続きを見る

 

また、スマホ対応しているWordPressテーマについては以下記事をご覧ください。

 

WordPressのおすすめ有料テーマ7選・無料テーマ1選【失敗しない選び方も解説!】

  悩む人WordPressでテーマの導入を考えているけど、おすすめのテーマがあれば知りたいな...。   こんな悩みに答えます   本記事の執筆者 Web好きでWeb業 ...

続きを見る

 

2. はてなブログ

引用元:はてなブログ

 

はてなブログは、株式会社はてなが運営しているブログサービスです。

 

はてなブログは無料で始められるブログサービスでして、レスポンシブ設定ができます。
KEI

 

HTMLの知識がなくてもレスポンシブ設定がすでに対応されており、誰でもブログを始められるのが特徴です。

 

その他にも記事のライティングで、うっかりミスがあっても編集履歴からすぐに戻せるので初心者にとって優しいブログサービスです。

 

また、有料プランのはてなブログProもあり、

  • 複雑なインストール作業が不要
  • 広告を非表示にできる
  • 独自ドメインを取得できる

 

といった上記のメリットを得られます。

 

モバイルの表示速度を早くするプランもあり、月額600円と手軽な価格で始められます。

※2022年9月現在

 

3. FC2ブログ

引用元:FC2ブログ

 

FC2ブログは、アメリカ企業のFC2が運営しています。

 

2022年9月現在ですと2000万人以上が利用しており、無料ブログの中でも有名なサービスです。
KEI

 

FC2ブログは、PCがなくてもアプリを使うことで、いつでも記事投稿や写真の編集が可能です。

 

無料で始められるのがメリットですが、アフィリエイトプログラムに対応しているのも特徴の1つです。

 

無料版ですとアップロードできるファイル数に上限がありますが、はてなブログ同様に、ブログをまず始めたい方にはオススメです。

 

4. livedoor Blog(ライブドアブログ)

引用元:livedoor Blog(ライブドアブログ)

 

ライブドアブログは、LINEが運営するブログサービスです。

 

ライブドアブログもスマートフォン対応している無料ブログサービスの1つです。
KEI

 

その他の特徴として、

  • PC版の広告非表示
  • 独自ドメインが使用可能
  • 記事のバックアップ
  • 豊富なデザインを全て無料で利用可能

上記、無料版で対応しております。

 

残念ながら、スマートフォン版の広告非表示はできないようです。

 

アフィリエイトは無料でも貼ることができるので、ブログを始めて収益化を狙うのであれば、ライブドアブログはおすすめです!

 

5. note

引用元:note

 

noteは、note株式会社が運営しているサービスです。

 

文章以外にも画像や映像も無料で投稿できるのが特徴でして、上記で紹介したブログサービス同様スマホ対応されています。

 

それ以外に以下ができます。

 

  • 有料マガジンの発行が可能
  • 書いた記事(コンテンツ)を有料販売できる
  • 相互フォロー機能があり気になるユーザーをフォローできる

 

noteはアフィリエイトリンクを貼れませんが、Amazonアソシエイトのリンクを貼れます。

 

noteで、アフィリエイトリンク(Amazonアソシエイト)を貼る方法については以下記事で紹介していますので、興味がありましたらご覧ください。

 

WordPressブログにAmazonアソシエイトを貼る方法【お洒落なカスタマイズもあり!】

  悩む人Amazonアソシエイトに登録して、WordPressにAmazonアソシエイトのリンクを貼る方法について知りたいです!また、Amazonアソシエイトのリンクをカード型にしてオシャ ...

続きを見る

 

アカウントの作成ができましたら、記事を投稿して簡単に公開できるのでおすすめです。
KEI

 

おすすめのブログ・スマホ対策4選

おすすめのブログ・スマホ対策4選

 

ブログでできる、おすすめのスマホ対策について紹介します。

 

  • titleとmetaタグを意識する
  • ページ表示速度を改善する
  • テキストサイズを大きくする
  • 画像の中のテキストが見づらければ画像を大きくする

 

今回は、すぐに対応できる項目をピックアップして紹介します。
KEI

 

titleとmetaタグを意識する

 

titleとmetaタグは、検索結果の以下の箇所です。

 

 

スマホのtitleとmetaタグは、クリック率に影響します。

 

スマホの「title」「metaタグ」の最適な文字数は以下です。

 

  • title:35〜100文字程度
  • metaタグ:30〜105文字程度

 

また、titleにキーワードを含めることはSEO的に必須です。

 

キーワードの見つけ方は『ブログキーワード選定のやり方とコツ』を参考にしてみて下さい。

 

ページ表示速度を改善する

 

モバイルのページ表示速度が遅ければ積極的に改善していくことをオススメします。

 

というのも、ページの表示速度が遅ければ遅いほど直帰率が上がるからです。
KEI

 

  • 表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇
  • 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇
  • 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇
  • 表示速度が1秒から7秒に落ちると、直帰率は113%上昇
  • 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇
  • ページの要素(テキストやタイトル、画像など)の数が400個から600個に増えると、コンバージョン率は95%下がる

引用:海外SEOブログ(表示速度が1秒→7秒で直帰率は113%↑、モバイル向けサイトのUXはとにかくスピードが命)

 

ページの表示速度の改善方法の1つに、画像圧縮があります。

 

画像の圧縮方法については、以下記事を参考にしてみて下さい。

 

関連記事
【ブログ運営】WordPressで画像を圧縮する2つの方法

  悩む人画像を軽量化・圧縮しないとページの表示速度に影響すると聞いたけど、WordPressで画像圧縮、軽量化ってどうやるのかな...?やり方を知りたいな...   こんな悩みに ...

続きを見る

 

テキストサイズを大きくする

 

ピンチインアウト(拡大/縮小)しないと見辛いものは、テキストサイズを大きく設定しましょう。

 

というのも、利用するユーザーが文字が読めないと不便なサイトと感じ、ユーザビリティを低下させるからです。

 

文字の大きさは、大きすぎても小さすぎても困りますが、PC・スマホ共に16PXくらいあれば見やすいと言われています。
KEI

 

念のためスマホで表示を確認してみて、文字が小さく読みづらければサイズを変更してみて下さい。

 

画像の中のテキストが見づらければ画像を大きくする

 

画像の中のテキストが見づらければ、大きい画像を使用してユーザーが読みやすいようにしましょう。

 

ピンチインアウトをしなくてもみやすい画像を使えば利便性は上がります!
KEI

 

また、表を使って縦に長くなりそうであれば、画像を使って表を表示させるなどの工夫があるとより便利になります。

 

モバイルフレンドリー対応ではWordPressがおすすめ

モバイルフレンドリー対応ではWordPressがおすすめ

 

モバイルフレンドリー対応ではWordPressが最強です。

 

WordPressが最強な理由は以下2つです。

 

  • モバイルフレンドリー用のプラグインがある
  • モバイルフレンドリー対応されたWordPressテーマがある

 

WordPressには、モバイルフレンドリー用のプラグインがあります。

 

また、WordPressにプラグインを導入しなくてもモバイルフレンドリー対応したWordPressテーマもあります。

 

当ブログで導入しているAFFINGER5テーマもモバイルフレンドリー対応しており、SEO対策が充実しています。

 

モバイルフレンドリー対応のための複雑な実装をする必要がなく、WordPressにテーマを導入するだけですぐに使用できます
KEI

 

WordPressの開設方法を以下記事で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

関連記事
【初心者でも簡単!】WordPressでブログを開設する方法・始め方

  悩む人WordPress(ワードプレス)でブログの開設をしたいです!開設方法を知りたいのですが、どうやったらブログを始められますか?   こんな悩みに答えます。   ...

続きを見る

 

まとめ:ブログ記事を書いたらスマホでチェック【モバイルフレンドリー対応必須!】

 

以上で、スマホでのチェックの必要性について紹介しました。

 

ブログで記事を作成するのにパソコンを使って作成する人もいると思います。

 

ただ、記事を作成したら、ページのチェックはスマホ優先で確認にした方が良さそうです

 

パソコンのチェックをしつつスマホでも確認してみて下さいね!

 

今回は以上です。

 

ここまで読んで頂き有難うございました!

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-ブログ