Blog

【初心者向け】ブログの書き方テンプレート【ブログが読みやすくなる13のポイントも紹介】

2020年8月24日

 

こんにちは、kei(@KeiKei0815blog)です!

 

悩む人
ブログの書き方が分からないので、テンプレートがあれば知りたい!

 

こんな悩みに答えます。

 

こんな方におすすめ

  • ブログの書き方やテンプレートを知りたい
  • 書き出しはどうやって書いたらいいか分からない
  • 読みやすいブログを書いてGoogleに評価されたい

 

本記事の執筆者

今回紹介するテンプレートを使って、ブログ100記事以上書いています。

 

まず、はじめに今回紹介しますブログ記事のテンプレートをキャプチャを掲載します。

 

ブログのテンプレート

 

ブログでの基本的な構成は上記テンプレートを元に作成していただいてOKです。

 

有名ブロガーさんも、上記のテンプレートに当てはめてブログを作成しており、記事をスムーズに書くために覚えておきたい構成です。

 

本記事では、全体の構成はもちろん各パートを更に深掘りして具体的な構成について、説明していきます。

 

本記事を読み進めることで、ブログ作成を迷わずスムーズに書けるようになりますので、ぜひじっくり読み進めてください。

 

それでは、早速始めていきます。

 

 

ブログの書き方テンプレートの前に”キーワード”を探す

ブログの書き方はテンプレートに沿って書いていく

 

ブログの記事を考える前に、まずはブログキーワードを探す必要があります。

 

というのも、『キーワード=読者の悩み』でして、記事構成が良くてもキーワードがなければ誰からも読まれないブログになってしまうからです。

 

なので、ブログ記事の構成を覚えておくことも大切ですが、まずはキーワード分析をして読者さんの悩みを調査する必要があります。

 

もし『キーワードの探し方がわからない...』という方は、以下記事を参考にしてみてください。

 

» ブログキーワード選定のやり方とコツ

 

キーワードが発見できれば本題の記事作成になります!
KEI

 

ブログの書き方テンプレート:全体構成

 

冒頭でも紹介しました通り、ブログの書き方のテンプレートは以下です。

 

 

  1. :導入文
  2. :本文
  3. :まとめ

 

1つずつ詳しく解説していきます!

 

ブログの書き方テンプレート①:導入文

 

まずは、導入文です。

 

導入文(書き出し)では、以下2つに構成されています。

 

導入文の構成

  • タイトル文
  • リード文

 

タイトル文

 

先述した通り、タイトルは”キーワード”を必ず含める必要があります。

 

繰り返しになりますが、キーワードがないと読者の悩みを解決できない記事になってしまうので、キーワードは必ず抑えておきましょう!
KEI

 

そして、読者の悩みが解決できるコンテンツであることが分かるように明確で分かりやすいタイトルにします。

 

タイトルで意識したいこと

  • 35文字以内にタイトルを書く
  • 数字を入れて具体性をもたせる
  • 記事の内容を分かりやすく端的に書く
  • 読みたくなるタイトルを付ける(例:〇〇の方法、〇〇のメリット)

 

こんな感じです。

 

タイトルは、一目で自分の悩みであることが分かるタイトルであることが望ましいです!
KEI

 

詳しくは、ブログタイトルの付け方に悩んだときの5つのテクニックを参考にしてみてください。

 

あとはタイトルを読んで記事へと読者さんを流し込むことができれば、リード文でさらに読者さんを引きつけます!

 

リード文

 

リード文では、以下の順番で文を構成します。

 

  • その①:読者の悩みを入れる
  • その②:読者の悩みの解決策を提示する
  • その③:解決策のための根拠を示す

 

例えば、「ブログ 書き方」という記事を参考にして当てはめると以下のようになります。

 

  • ブログの書き方を知りたい ← ①:読者の悩み
  • ブログのテンプレートを紹介 ← ②:読者の悩みの解決策を提示
  • このテンプレートを用いて月に10万PV獲得することができた ← ③:解決策のための根拠

 

こんな感じです。

 

ただ、最後の「③:解決策のための根拠」は記事の内容によっては入れても入れなくてもOKかなと。

 

例えば、ワードプレスの設定方法など解説記事を書く場合です。

 

実際に僕の検索上位で読まれている記事は、ワードプレスの設定方法の解説ページでして、根拠を提示していません。
KEI

 

解決策のための根拠を入れることで説得力は増しますが、『解説』『方法』など根拠を提示できない記事では、無理に入れなくてOKです。

 

ブログの書き方テンプレート②:本文

 

続いて、本文パートのテンプレートです。本文パートでは、以下の順番で書いていきます。

 

本文全体の構成

  • 見出し
  • 画像
  • 本文

 

見出し

 

本文始めの見出しは、h2を使います。

 

そして、ブログ記事内の見出しの順番は『h2, h3, h4』で書く必要があります。

 

というのも、Googleの検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドの規定において、見出しタグを『h2, h3, h4』の順番で使うことが推奨されているからです。

 

見出しの順序が、入れ子構造になっていないとGoogleの評価を落とすことになるので、見出しは順番通りに設置していきましょう!

 

見出し(h2)下に画像を使う

 

記事内全体がみやすくなるように、見出し(h2)の下には画像を使います。

 

というのも、画像を使うことで、文章だけでは伝わりづらい内容をわかりやすくイメージすることができます。

 

また、記事に緩急をもたせることができるので、読者さんを疲れさせません。

 

多用しすぎると逆に分かりづらくなりますが、画像を使って説明した方が分かりやすいものには積極的に使いましょう!

 

本文

 

本文では、以下の順番で作成します。

 

本文の構成

  • その①:結論
  • その②:結論の理由を説明
  • その③:具体例で解説
  • その④:結論

 

上記の通り、本文の構成は『①結論 → ②結論で述べた理由の説明 → ③具体例を入れて詳しく解説 → ④最後に結論』の流れで作ることで、分かりやすい本文を作れます。

 

このフレームワークは、アルファベットの頭文字をとってPREPとも呼ばれております。

 

  • Point → ①結論
  • Reason → ②理由
  • Example → ③具体例
  • Point → ④結論

 

「ブログ 書き方」のテーマでPREP法のフレームワークを用いると

 

  • ブログの本文はPREP法を用いると役立ちます。 ← ①:結論
  • なぜなら、要点を掴んだ分かりやすい文章構成になるからです。 ← ②:理由
  • 例えば、本記事においてもPREP法を用いて、文章構成をしております。 ← ③:具体例
  • なので、PREP法を用いて分かりやす文章を意識しましょう。 ← ④:最後に結論

 

ざっくりで恐縮ですがこんな感じです。

 

先に結論を書いておくことで、読者は「なんの話をしているのか」を理解した上で、読み進めることができます。

 

特に、ネットユーザーは早く情報を取得したいと考えているので、先に結論を明示しておくと親切です。

 

PREP法で書くことで魅力的な本文になるだけではなく、読者さんにとっても読みやすい記事なりますので、ぜひ活用しましょう!

 

ブログの書き方テンプレート③:まとめ

 

最後は『まとめ(要約)パート』になります。

 

まとめの構成

  • 本文の要約
  • アクションを起こすための導線

 

まとめ(要約)のパートは、記事で1番伝えたいメッセージを伝えるパートです。

 

今まで論じてきた内容を箇条書きにして再掲したり、読者さんにネクストアクションを起こしてもらう言葉を入れます。

 

例えば、「商品広告」といったリンクを設置したり、次に読んでもらいたい関連記事のリンクを置いて誘導します。

 

こんな感じで、ブログ文章を作成していきます。

 

読みやすいブログの書き方13のポイント

読みやすいブログの書き方13のポイント

 

上記では、ブログの基本的なテンプレートの説明をしました。

 

続いて、ブログ文章を読みやすくするための13個のテクニックを紹介します。

 

  1. 読者目線で書く
  2. 段落・改行を入れて読みやすくする
  3. 漢字ではなく敢えてカタカナにする
  4. 「です」「ます」を入れる
  5. h2の下に画像を入れる
  6. 1文は短く端的に書く
  7. 記事タイトルにはキーワードを書く
  8. 専門用語はできるだけ使わず、一般の人が理解できる言葉で書く
  9. ブログが書き終わったら、スマートフォンで確認する
  10. 装飾をしすぎない
  11. 適度に太字を入れて文にリズムをつける
  12. 色文字を使う
  13. 結論を先に述べる

 

上記を意識するだけでも読みやすい文章になります。

 

先ほども書きましたが、ネットユーザーはブログを隅から隅までちゃんと読みません。

 

強弱のない文章ですと、読者さんは読むのにも疲れますし、得たい情報が見つからないと分かるとすぐにページ離脱してしまいます。

 

読者さんを飽きさせず、興味を持って読んでもらえるブログ作成を意識する必要があります。

 

読みやすいブログテンプレートはGoogleにも評価される

読みやすいブログを書くことはGoogleにも評価される

 

最後に、サイトの使いやすさや・見やすさを意識したブログはGoogleにも評価されます。

 

興味深く有益なサイトにする

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。ユーザーは閲覧したときに良いコンテンツだと感じると、他のユーザーに知らせたいと思うものです。その際、ブログ投稿、ソーシャル メディア サービス、メール、フォーラムなどの手段が使われます。

参照元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

読まれるブログを書くには、読者さんとGoogleの両方に好かれる記事を書く必要があります。

 

今回紹介した本文中の書き方の「PREP法」は、読みやすい文章を書けるだけではなくネットユーザーにも読みやすい文章構造です。

 

そして、適度に改行や画像など細かいところを意識することで、見やすいブログになります。

 

『読者さん+Google』両方から評価されることを意識して、記事をライティングしていきましょう!

 

ブログテンプレートを使って読みやすいブログを書きましょう!

まとめ:テンプレートをもとに、読みやすいブログを書きましょう!

 

ここまで、ブログを書く上での「テンプレート」と「読みやすいブログを書く上での13のコツ」について、紹介しました。

 

最後に、もう一度ブログのテンプレートと、13のコツを掲載しておきます。

 

ブログのテンプレート

 

読みやすいブログの書き方13のポイント

  1. 読者目線で書く
  2. 段落・改行を入れて読みやすくする
  3. 漢字ではなく敢えてカタカナにする
  4. 「です」「ます」を入れる
  5. h2の下に画像を入れる
  6. 1文は短く端的に書く
  7. 記事タイトルにはキーワードを書く
  8. 専門用語はできるだけ使わず、一般の人が理解できる言葉で書く
  9. ブログが書き終わったら、スマートフォンで確認する
  10. 装飾をしすぎない
  11. 適度に太字を入れて文にリズムをつける
  12. 色文字を使う
  13. 結論を先に述べる

 

ブログの書き始めは、慣れるまでに時間がかかります。

 

ただ、繰り返しブログを書いていくことで、自然と書くことに慣れていき気づいたら自分のモノになっています。

 

今回紹介したブログのテンプレートが参考になり、少しでもブログの書き方が理解できましたら幸いです。

 

今回は以上です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Blog