Webディレクター

Webディレクターは楽しい?やりがいを感じる瞬間5つをご紹介

2020年10月8日

 

悩む人
Webディレクターのやりがいは何だろう...?Webディレクターのやりがいを知りたい!

 

このように思っている方向けに、本記事は書いています。

 

本記事の内容

  • Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じたTOP5
  • Webディレクターが大変だな...と感じたこと
  • 現役Webディレクターが思う「やりがい」「楽しさ」:まとめ

 

本記事の執筆者

本記事を書いている僕は、5年間Webディレクターとして働いています。Webディレクターとしての「やりがい」や「楽しいと思う瞬間」を僕の経験を元に、ランキング形式で紹介しています。

 

結論から言うと、Webディレクターはやりがいや楽しさを感じられる仕事です。

 

とはいえ、

 

大変なことや仕事として難しいと思うことはないのかな...?

 

と思うかもしれません。

 

当然毎日がやりがいを感じ楽しいことばかりではなく、泥臭いことや面倒と感じる仕事もやるのが事実です。

 

そこで、本記事では、6年間Webディレクターとして働いて感じたWebディレクターの楽しさを紹介したいと思います。

 

Webディレクターに興味がある方や、これからWebディレクターとしてキャリアを積んでいこうと思っている方向けに、参考になりましたら幸いです。

 

 

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間5位

 

5位は、「Web業界に限らず、いろいろな業界の内容を知る事ができる」です。

 

Webディレクターは、いろんな業界のクライアントと一緒に仕事ができます。

 

そのため、クライアントの事業内容の理解・業界調査・競合分析などなど...いろんな分析・調査をします。

 

調べていると、その業界の知見が深まり、興味を持つことも往往にしてあります。

 

KEI
僕の例でいうと、医療や銀行などのサイトを担当することがありましたが、プロジェクト参画前は、正直全く興味がない分野でした。ただ、データ調査をしていく中で、その業界に興味がわいたり、知見が深まったのが嬉しかったです。

 

Webディレクターは、多種多様な業界の人と仕事ができ、幅広い業界知識を学べるのが、やりがいでもあり、楽しさの1つでもあります。

 

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間4位

 

4位は、「自分の携わったWebサイト制作で成果が出たとき」です。

 

Webサイトには、

  • 「サイトを通して会社の認知度をあげたい」
  • 「サイトを使って商品の成約率を達成」

 

といった何かしらの目的があります。

 

クライアントは、その目的を達成するために、Webの専門であるコンサルタントや制作会社に相談をします。

 

Webディレクターは、クライアントの課題を聞いて、サイトの改善提案をクライアントにする必要があります。

 

なので、自分で必死に考えた戦略がクライアントに納得してもらい、それが結果的に「サイトがみやすくなった」「ページが検索上位に上がった」など言ってもらえたり、成果として残せたときは、やりがいを感じます。

 

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間3位

 

3位が、「チーム一丸となって、プロジェクトを遂行できたとき」です。

 

Webサイトを制作するのに、案件の大小に関係なく、デザイナー、コーダーなど必ず複数メンバーでプロジェクトを進めます。

 

ちなみに、各々の役割を図解にしますと以下のようなイメージです。

 

webディレクション相関図

 

Webディレクターがクライアントからの依頼を受けて、「デザイナー」「コーダー」に制作をお願いする感じです。

 

みんな一つの目的(ゴール)に向かってプロジェクトを進めます。

 

そして、ゴールに向かって進んで、サイトが無事に公開した時はメンバーに助けられたと、いつも感じます。

 

1人では、決してサイト公開することは不可能で、メンバー同士助け合ってプロジェクトを遂行したときには、Webディレクターとしてのやりがいを感じられます。

 

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間2位

 

2位が、「Webに関する知識がつき、成長を実感できる」です。

 

Webディレクターは、日々新しい技術やマーケティングの知識など学ぶことが多く大変です。

 

Webディレクターに限らず、Web業界に携わっている人は最新技術を学ぶのに必死なのではないでしょうか...
KEI

 

とはいえ、めまぐるしく変わるWebの世界だからこそ、「ワクワクすること」や「そんなこともできるのか!」など新しく知れることも多いです。

 

知ることが成長にもなりますし、クライアントへ提案をしてアウトプットすれば理解度も増します。

 

これを繰り返していくことで、Webの知識は蓄積されていき1歩ずつ着実に成長できていると実感できます。

 

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間1位

 

1位は、「クライアントに喜ばれたり感謝された時」です。

 

サイトが公開できて、クライアントが満足して喜んでもらえた時には、本当にやりがいを感じる瞬間です。

 

また、要望に応えたいという思いがクライアントに伝わり、その頑張りを認めてもらい温かい言葉をいただけるのも嬉しいです。

 

クライアントと良好な関係を築くことができると、リピーターになってもらい、案件に限らず、色々と相談をしてくれます。

 

KEI
とはいえ、実際に手を動かしてサイト制作をしてくれるのは、現場のデザイナーやコーダーさんですので、Webディレクター以上に、現場スタッフさんが感謝されるべきなのでは...と個人的には思ってたりします

 

それでも、少しでもクライアントから信頼されたり、感謝されると、Webディレクターとしてのやりがいを感じられる瞬間でもあります。

 

Webディレクターが大変だな...と感じたこと

 

Webディレクターは、やりがいを感じられる仕事ではありますが、もちろん「大変なこと・辛いこと」もあります。

 

Webディレクターとして、5年のキャリアを積んでみて、個人的に大変だと思ったことを下記にまとめてみましたので、もしよろしければ参考にしてみてください。

 

関連記事
【体験談】Webディレクターが大変な5つの理由と対処法
【体験談】Webディレクターが大変と言われる5つの理由と対策方法

続きを見る

 

現役Webディレクターが思う「やりがい」「楽しさ」:まとめ

 

以上で、

Webディレクターになってやりがい・楽しさを感じた瞬間』について、紹介しました。

今回紹介した内容を以下にまとめます。

 

Webになってやりがい・楽しさを感じた瞬間

  • 5位:Web業界に限らず、いろいろな業界の内容を知る事ができる
  • 4位:自分の携わったWebサイト制作で成果が出たとき
  • 3位:チーム一丸となって、プロジェクトを遂行できたとき
  • 2位:Webに関する知識がつき、成長を実感できる
  • 1位:クライアントに喜ばれたり感謝された時

 

これから、「Webディレクターとしてキャリアを積んでいこうかな」と考えている人向けに、本記事が参考になりましたら幸いです。

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Webディレクター