WordPress

【初心者向け!】WordPress(ワードプレス)でYoutube動画を埋め込む方法

2020年12月10日

 

こんにちは、Kei(ケイ)(@KeiKei0815blog)です。

 

今回は、ワードプレスにYoutube(ユーチューブ)を埋め込む方法について、解説しようと思います。

 

やり方は、2通りありまして、ワードプレスのクラシック・エディタを使って設定していきます。

 

サクッと埋め込むことができるので、本記事が参考になりましたら、幸いです。

 

それでは、早速始めていきます。

 

 

WordPress(ワードプレス)でYoutube動画を埋め込む2つの方法

WordPress(ワードプレス)でYoutube動画を埋め込む2つの方法

 

ワードプレスにYoutubeを埋め込むやり方は、以下2つです。

 

  • URLをコピー&ペーストする
  • コードを取得して貼り付ける方法

 

なお、上記でもお伝えしたように、今回はクラシック・エディタを用いて、動画の埋め込みをします。

 

もし、プラグインのクラシック・エディタをインストールしていない方は、以下からインストールをお願いします。

 

» クラシックエディタ

※クリック後、クラシックエディタのページに飛びます

 

URLをコピー&ペーストする

 

まず、YoutubeのURLをコピー&ペーストするやり方について、紹介します。

 

以下のように、貼り付けたいYoutubeページに移動し、URLをコピーします。

 

 

続いて、ワードプレスの記事作成画面にいき、先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

 

 

貼り付ける際には、他のテキストと一行にならないように、改行してソースを貼り付けてください。

 

これで、貼り付けは完了になります!とても簡単に設定できますね!

 

また、貼り付けが完了したら、ちゃんと動画が再生されるかを念のため確認してみましょう!

 

 

ここまで、Youtube動画を簡単に埋め込むやり方について、紹介しました。
KEI

 

このやり方は簡単にできるのですが、Youtubeの画面サイズを変えることができないので、サイズ変更をしたい方は、次で紹介するやり方で設定してみてください!

 

コードを取得して貼り付ける方法

 

まず、先ほどと同様に、貼り付けたいYoutube動画の画面に行きます。

 

ページに移動しましたら、「共有」のボタンをクリックします。

 

 

すると、「埋め込む」のボタンがあるので、こちらをクリックします。

 

 

クリックするとコードが出てきますが、先述した通り、動画の画面サイズや再生開始時間などの細かい設定ができます。

 

画面サイズの変更

 

上記の赤枠で囲った箇所の数字を変更することで、サイズを変更することができます。

 

  • width : 横幅
  • height:高さ

 

 

再生開始時間

 

開始位置をクリックして、時間の変更をすることもできます。

 

設定が完了したらワードプレスの記事作成画面にいき、先ほどコピーしたURLを貼り付けます。

 

貼り付ける際には、ワードプレスの右上のボタンを「ビジュアル」から「テキスト」に切り替えて、貼り付けます。

 

 

 

大体のサイズ感がわかる方ならOKですが、もし、数字を入れながら、都度サイズを確認したい方は、以下のやり方がおすすめです。

 

「挿入 → メディア」をクリックします。

 

 

すると以下の画面が表示されますので、「埋め込む」をクリックして、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

 

 

コードのコピーができましたら、「一般」のボタンをクリックして、サイズの調整をします。

 

 

全て入力設定ができたらOKボタンをクリックして完了です。

 

もう一度サイズを調整したい場合には、同じ要領で「挿入 → メディア」から設定することができます。

 

最後に再生されるかと、位置の確認ができましたら、完了になります!

 

設定お疲れ様でした!
KEI

 

Youtube動画を埋め込むメリット・デメリット

 

最後に、Youtube動画をワードプレスに埋め込むことのデメリット・メリットについて、簡単に紹介します。

 

まずは、デメリットから紹介します。

 

デメリット:ページ読み込みが遅くなる

 

Youtube動画を埋め込むデメリットは、ページの読み込みが遅くなることです。

 

1ページに1つ、2つの動画なら問題ないですが、いくつも入れすぎると読み込む時間が長くなり、ユーザーのページ離脱にも繋がります。

 

ページ来訪しにきてくれたユーザーを逃さないためにも、Youtube動画の埋め込みは、ほどほどが良さそうです。

 

メリット:ユーザーの滞在時間をあげられる

 

メリットは、ページの滞在時間をあげることができます。

 

動画で説明した方が分かりやすかったり、記事に関連する動画を置いておくことで、ユーザービリティが上がり、滞在時間をあげることができます。

 

また、ユーザーの滞在時間を上げるのは、SEO的にも効果が期待できるので、適量な動画数を埋め込んでおき滞在時間を上げられます。

 

まとめ:ワードプレスにYoutube動画を埋め込む方法

 

いかがでしたか?

 

今回は、クラッシックエディタを使って、ワードプレスにYoutubeを埋め込む方法を2通りで、紹介しました。

 

紹介したやり方で、Youtubeの埋め込みがうまくできましたら、幸いです。

 

今回は以上です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-WordPress