Blog

【物販紹介に役立つ】WordPressで『Rinker』を使うには?

 

こんにちは、keiです。

 

悩む人
RinkerというWordPressプラグインを使うことで、簡単にオシャレな物販系の商品リンクを作ることができると聞いたけどどうやるのかな?アフィリエイトを始めて物販系の商品を紹介して稼ぎたいけどやり方があれば知りたいです。

 

こんな悩みに答えます、

 

アフィリエイトを始めて物販系の商品を紹介するのに、ただ商品を紹介するだけではなく、せっかくならカッコよく見せて紹介したいと思ったことはないでしょうか?

 

そんな時に役立つのが『Rinker』というWordPress(ワードプレス)プラグインです。

 

Rinkerを使うことで、以下のようにオシャレな商品リンクを簡単に作ることができます

 

参照元:Rinker公式サイト

 

ブログを始める前は、僕もよくこのデザインを見かけることがあり、こんなデザインを作ってみたいないと思っていました。
KEI

 

ただ、こちらは複雑な設定をする必要がなく10秒ほどあればすぐにサクッと作ることができます。

 

そこで、本記事では、そんなWordPress(ワードプレス)でアフィリエイトを貼る方法・使い方について紹介します。

 

アフィリエイト初心者で物販系の商品を紹介して収益を得たい方の参考になりましたら幸いです。

 

それでは、早速始めていきます。

 

Rinkerを設定する前に始めること

 

Rinkerをワードプレスに導入する前に、まず物販系を扱っているASP(アフィリエイトサービス)への登録が必要になります。

 

結論、物販系でのASPは以下に登録しましょう。

 

上記、ASPに登録して商品が購入されると収益を得られる感じです。

 

『バリューコマース』『もしもアフィリエイト』の登録を図解を見ながら進めたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。

 

登録方法
【図解で解説】もしもアフィリエイトの登録方法を9ステップでご紹介

続きを見る

 

登録方法
バリューコマース
【バリエーションが豊富!】初心者におすすめのASPバリューコマースの登録方法を紹介

続きを見る

 

上記、ASPの登録ができましたら、WordPressで『Rinker』をインストールして導入していきます。
KEI

 

WordPressでRinkerを使う方法

 

それでは、実際にWordPressで『Rinker』をダウンロードして使う方法を紹介します。

 

Rinkerを導入してから商品リンクを設置するまでの流れは以下の通りです。

 

  1. 公式サイトから『Rinker』をダウンロード
  2. WordPressに『Rinker』をインストール
  3. 各種アフィリエイトIDを設定
  4. 記事に商品リンクを設置する

 

1つずつ順番に紹介します。

 

step
1
公式サイトから『Rinker』をダウンロード

 

まずは、以下リンクをクリックして公式サイトから『Rinker』をダウンロードします。

>>Rinkerのダウンロード

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

『Rinker』は無料でダウンロードできますが、メールアドレスが必要になります。

 

ちなみに、メールアドレス以外にも、

 

  • Apple ID
  • Twitterアカウント
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

 

上記でも登録することができます。

 

登録したいアカウントを用意してお好みの方法で登録してみてください。

 

公式サイトをクリック後に、以下の画面になるので「無料ダウンロード」をクリックしてプラグインをダウンロードします。

 

 

クリックすると、「pixiv ID」のログインが求められます。

※Rinkerをダウンロードするには、「pixiv ID」が必要になります。

 

pixiv IDとは、pixivにログインする際に入力するログインIDとなります。

参照元:pixiv IDとは?

 

 

もし「pixiv ID」を持っていない場合は、「pixiv IDを作ってログイン」をクリックしてダウンロードしましょう。

 

 

上記の画面では、以下の項目を入力します。

 

  • ①:「メールアドレス」を入力
  • ②:「パスワード」を入力
  • ③:上記2つが入力できましたら「次へ」をクリック

 

「次へ」をクリックしましたら、以下項目を入力していきます。

 

 

  • ①:ニックネーム
  • ②:性別
  • ③:誕生日
  • ④:「私はロボットではありません」「利用規約」にチェック
  • ⑤:「アカウントを作成」をクリック

 

利用規約にチェックを入れて、「アカウントを作成」をクリックします。

 

これで、pixiv IDの作成完了です。

 

あとは、「無料ダウンロード」をクリックして「Rinker」をダウンロードします。

>>Rinkerのダウンロード

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

step
2
WordPressに『Rinker』をインストール

 

『Rinker』のインストールができましたら、WordPressのダッシュボードを開きアップロードをしていきます。

 

左メニューにある「プラグイン → 新規追加」をクリックします。

 

 

クリックしましたら、「プラグインのアップロード」ボタンがあるので、こちらをクリックします。

 

 

ファイルを選択」をクリックして先ほどダウンロードした「Rinker」のzipファイルをアップロードして、「今すぐインストール」をクリック後「プラグインを有効化」にします。

 

 

これでRinkerが有効化になり、インストールと有効化の完了です。

 

Rinkerの有効化が完了になりましたら、次は各種アフィリエイトのID設定をしていきます。
KEI

 

step
3
各種アフィリエイトIDを取得

 

冒頭で紹介しました通り、各種アフィリエイトのIDを取得するには、物販系を扱っているアフィリエイトの登録が必要です。

 

 

今回は、『もしもアフィリエイト』でアフィリエイトIDを取得して紹介します。
KEI

 

まずは、もしもアフィリエイトのページにいきます。

 

ページ遷移できましたら、ページ上の『プロモーション検索 → 提携中プロモーション』をクリックします。

 

ID取得には、広告と提携完了になっていることが前提になります。『Amazon』『Rakuten』『Yahoo』で提携完了になっていない場合は、先に提携申請をしましょう。
KEI

 

 

クリックすると提携中の企業一覧が表示されるので、右側にある「広告リンク取得」ボタンをクリックします。

 

今回は「Yahoo」の提携画面を見せながら解説します。
KEI

 

 

上記の画面になりましたら、”ソース”と書かれたテーブル内にある広告コードで、IDをコピーします。

 

a_id=〇〇〇〇&

 

「〇〇〇〇」がIDになるので、こちらの数字をコピーします。

 

これでアフィリエイトリンクのIDコピーはできましたので、後は、WordPressのリンカーにコピーしたIDを貼り付ける感じです。

 

コピーしたIDを貼り付けるには、WordPressダッシュボードの「設定 → Rinker設定」から設定できます。

 

 

「Rinker設定」の中に「もしもアフィリエイト設定」という項目があるので、先ほどコピーしたIDを貼ります。

 

 

コピーしたIDを入力できましたら、最後に「もしもリンク優先ショップ」にチェックを入れます。

 

これで「もしもアフィリエイト」でのID設定は完了です。

 

Amazon Product Advertising APIを登録

 

もしもアフィリエイトのID設定ができましたら、『Amazon Product Advertising API』の登録をします。

 

Amazon Product Advertising APIを登録して、アクセスキーID」「シークレットキー」を取得する必要があります。
KEI

 

Amazon Product Advertising APIの取得方法は、以下から確認できます。

 

>> Amazon Product Advertising APIの認証キー取得方法

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

注意ポイント

「アクセスID」、「シークレットキー」をしっかり入力できていない場合ですと、商品検索をした際に以下のエラーメッセージがでてきます。

 

ちなみに、『Amazon Product Advertising API』でアクセスキーID」「シークレットキー」を取得するには、以下の条件が必要だそうです。

 

2019年01月23日以降、過去30日以内のPA-API経由の売上実績(発送済み商品売上)がない場合、PA-APIへのアクセスができなくなる可能性がございます。

 

つまり、Amazonの「PA-API」を使用するには、「PA-API」より取得した(PA-APIにカウントされる)リンクから、最低でも1件(5円以上)の売上実績をつくり、30日以内に売上実績を継続していかないといけないようです。

 

成約が多少増えてからではないと使えないので、初心者の方ですと少しハードルが高いなと感じます...。
KEI

 

そんな方は、「ポチップ」か「ヨメレバ」をまずは使って物販紹介してみるのがオススメです。

 

関連記事
『カエレバ』『ヨメレバ』『トマレバ』でカッコよくカスタマイズ!【アフィンガー】

続きを見る

 

最後に、「アクセスキーID」「シークレットキー」の入力ができましたら、Google Analyticsの「商品リンクのクリックをトラッキング」にチェックを付けます。

 

 

商品リンククリックを計測できるようになるので、チェックしておくのがオススメです。

 

最後にページ下の「変更を保存」をクリックして完了です。

 

step
4
記事に商品リンクを設置する

 

アフィリエイトリンクIDの取得ができましたら、後は記事に商品リンクを設置していく作業です。

 

ちなみに、「Rinker」で商品リンクを貼る方法は、以下2つのやり方があります。

 

  • 先に商品リンクを作成し登録する
  • ワードプレスの投稿画面で直接記事に商品リンクを作成する

 

上記2つのやり方をそれぞれ紹介していきますね。

 

先に商品リンクを作成し登録する

 

1つ目が、先に商品リンクを作成し登録する方法です。

 

まずは、WordPress管理画面のサイドメニューから『商品リンク → 新規追加』をクリックしましょう。

 

 

クリックすると以下の画面になりますので、「商品情報を取得」をクリックします。

 

 

記事内で紹介したい商品名を入力して、「検索」ボタンをクリックすると商品の検索結果が一覧で表示されます。

 

 

その中で紹介したい商品を探し「商品リンクを追加」があるので、クリックします。

 

「商品リンクを追加」をクリックすると、入力ボックスにURLが生成されます!
KEI

 

生成されたURLに間違いがないか確かめるには、「確認」のリンクをクリックして表示を確認できます。

 

問題なければ、ページ横の「公開」ボタンをクリックして、商品リンク一覧に戻るとショートコードが生成されていることが確認できます。

 

 

後は、このショートコードを投稿したい記事内に貼り付けて、プレビューで表示されているか確認できましたらOKです。

 

参照元:Rinker公式サイト

 

ワードプレスの投稿画面で直接記事に商品リンクを作成する

 

最後に、投稿画面から直接記事に商品リンクを貼る方法を紹介します。

 

『Rinker』のプラグインをダウンロードすると、投稿ページの上に「商品リンク追加」が表示されます。

 

 

商品リンク追加」をクリックすると、先ほどと同じ画面になるので、検索窓に商品名を入力して「検索」ボタンをクリックします。

 

紹介したい商品が表示されましたら、「商品リンクを追加」をクリックします。

 

後は、投稿記事に戻り、ショートコードが追加されていることを確認し、プレビューで問題なく表示されていれば設定は完了になります!

 

 

Rinker使い方からダウンロードの方法:まとめ

 

ここまで、「Rinker」のダウンロードから使い方までを紹介しました。

 

Rinkerを使うことで簡単にオシャレな物販系リンクを作成できちゃいます。

 

最後に、Rinkerと似たようなサービスで、先ほど紹介した「ヨメレバ」というサービスでも物販系の商品リンクを作成できます。

 

こちらは、CSSと商品IDを入れることで、以下のように簡単にカッコいいデザインの商品リンクができちゃいますよ。

 

 

個人的にプラグインを入れることで、ページ速度の低下や他のプラグインと干渉し合う可能性があるので、『ヨメレバ・カエレバ』を使って商品紹介をしています。
KEI

 

プラグインを入れずに、CSSを使うのに抵抗がない方はオススメかなと。

 

以下の記事で紹介しているので、参考にどうぞ。

 

関連記事
『カエレバ』『ヨメレバ』『トマレバ』でカッコよくカスタマイズ!【アフィンガー】

続きを見る

 

運営しやすい方法で物販系の商品リンク作成を試してみてください!

 

本記事を読み、『Rinker』で物販系の商品リンクを作成ができましたら幸いです。

 

今回は以上です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Blog