WordPress

【簡単!】ワードプレスで301リダイレクト設定のやり方

 

悩む人
WordPress(ワードプレス)でページの301リダイレクト設定のやり方を知りたい!

 

こんな悩みに答えます

 

ワードプレスで古い記事から新しい記事にリダイレクトさせることで、SEO効果も期待できます。

 

とはいえ、ワードプレスでリダイレクト設定が難しいと思うのではないでしょうか?

 

そこで、本記事では、WordPressで301リダイレクト設定のやり方を図解で紹介していきます。

 

2つのやり方がありますので、お好みのやり方で設定してみてください!

 

それでは、早速始めていきます。

 

 

301リダイレクト設定とは?

301リダイレクト設定とは?

 

301リダイレクトとは、URLが恒久的に変更される際に利用する転送処理コードのことです。

 

例えば、古いサイトから新しいサイトへ引っ越しする際に、昔のURLを自動的に新URLにアクセスできます。

 

設定しておくことで、古いURLでページアクセスをした場合にも、新しいURLに自動的にアクセスできるのです。

 

なので、WordPressで大規模なサイトの引越しをする時には、必ずやっておきたい設定になりますね。

 

302リダイレクト設定の違い

 

301リダイレクトと、類似した転送処理コードに302リダイレクトがあります。

 

301リダイレクトが、永久的なリダイレクトに対して、302リダイレクトは一時的な転送処理コードになります。

 

例えば、サイトのメンテナンス時や、一時的にページをリダイレクトさせたい場合に302リダイレクトを使います。

 

301リダイレクトは、SEO評価を引き継ぐことができます。しかし、302リダイレクトは、一時的な処理なので引き継ぐことができません。

 

301リダイレクトをやるメリットは?SEO評価を引き継げる

 

先述した通り、ページランクが全て転送先に渡され元ページのGoogle評価をそのまま引き継ぐことができます。

 

そのため、リダイレクト設定は、検索順位の低下を最小限に抑えることができるのがメリットの1つといえます。

 

また、ユーザービリティーの観点からも、URLをクリックして飛び先がないと機会損失になりますよね。

 

そこで、自動的に新しいページにアクセスさせることで、そういった機会損失を防ぐ効果も期待できます。

 

とはいえ、むやみにリダイレクトさせると、逆にSEO評価を下げる可能性にもなるので、必要な時にリダイレクト設定をオススメします。

 

ワードプレスで301リダイレクトを設定する2つのやり方

ワードプレスで301リダイレクトを設定する2つのやり方

 

ワードプレスで301リダイレクトのやり方を紹介します。

 

冒頭でも紹介したように、やり方は以下2つです。

 

  1. 「.htaccess」に記述する
  2. Redirectionプラグインを使う

 

1つずつ紹介します。

 

その①:「.htaccess」に記述する

 

まずは、「.htaccess」にリダイレクト設定を記述する方法です。

 

これから紹介するコードをコピーして、URLを変更するだけで簡単に設定できます!
KEI

 

ただ、コードをコピーして貼り付けるだけなのですが、1文字でも誤った記述を書くと不具合が発生します。

 

なので、コードへの記述が心配な方は、次で紹介する「Redirection」プラグインの使用をオススメします。

 

step
1
サーバーへアクセスする

 

まずは、お使いのサーバーへアクセスします。

 

※ワードプレスをお使いの方でしたら、契約しているレンタルサーバーにログインします。

 

以下、各レンタルサーバーのログインURLを貼っておきます。

 

 

step
2
301リダイレクトを記述する

 

サーバーにアクセスできましたら「.htaccess」ファイルを開きます。

 

開ましたら、以下のコードを「.htaccess」ファイル1行目に貼ります。

 

 command

<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteRule ^元のURL.html$ 新しいURL [R=301,L] </IfModule>

 

そして、上記の赤文字にした『元のURL』『新しいURL』に記述する感じです。

 

例えば、以下のように「元のURL → 新しいURL」にリダイレクトさせるとします。

 

 元のURL
https://www.keiblog0815.com/old/

 

 新しいURL
https://www.keiblog0815.com/new/

 

コードは以下のように記述してあげます。

 

 command

<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteRule ^old/.html$ https://www.keiblog0815.com/new/ [R=301,L] </IfModule>

 

これで、リダイレクト設定ができます。

 

その②:Redirectionプラグインを使う

 

続いて、Redirectionプラグインを使ってリダイレクトさせるやり方です。

 

Redirectionは、無料のプラグインで初心者の方でも簡単に使うことができます。

 

Redirectionプラグインを使ってリダイレクトする方法は、以下記事が参考になります!

 

>>Redirectionの設定方法

※クリック後、外部リンクに飛びます。

 

301リダイレクトの確認方法

301リダイレクトの確認方法

 

最後に、意図したページにリダイレクトができているか確認してみましょう。

 

その①:リダイレクトチェッカーを使う

 

リダイレクトチェッカーを使うことで、簡単に確認できます。

 

まずは、元のURL(古いURL)をボックス内に入力して、「チェックする」をクリックします。

 

 

すると、以下のようにリダイレクトの順番が表示されます。

 

 

元のURLが301と表示され、新URLのステータスが200になっていれば成功です。

 

その②:Chromeデベロッパーツールを使う

 

Chromeのデベロッパーツールを使っても確認できます。

 

ブラウザを開いて、右クリックで「検証」をクリックします。

 

 

検証ツールが表示されましたらURL入力欄に『①リダイレクト元(古いURL)』を入れます。

 

タグを『②NetWork』に切り替えてEnterを押します。

 

 

以下の画面になるので、一番上の行をクリックします。

 

 

Status Codeが301で、以下の赤ワクのように、転送元のURLと転送先のURLになります。

 

 

上記のようになっていれば、リダイレクト成功です。

 

ワードプレスで301リダイレクト設定のやり方:まとめ

ワードプレスで301リダイレクト設定のやり方:まとめ

 

今回は、WordPress(ワードプレス)でリダイレクト設定のやり方について、紹介しました。

 

繰り返しになりますが、リダイレクト設定は、Google評価を受け継ぐために効果的です。

 

また、ユーザビリティの観点からもユーザーの混乱を防ぐこともできます!

 

今回紹介したやり方で、ワードプレスのリダイレクト設定を試してみてください。

 

今回は以上です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-WordPress