Blog

こんなお洒落なワードプレステーマを使いたい!僕が使いたいワードプレステーマ12選

2021年3月28日

 

悩む人
おしゃれなワードプレステーマを知りたいです!

 

こんな悩みに答えます。

 

本記事の執筆者

Web業界に6年働いており、WordPress歴10ヶ月です。

 

お洒落なワードプレスのデザインテーマを見るのが好きで、導入したらブログ運営が楽しくなりそう!とよく思うテーマが沢山あります。

 

本記事では、そんなおしゃれなワードプレステーマ12選をご紹介します。

 

なお、今回はSEO対策やカスタマイズのし易さなしで見た目のデザインがお洒落という観点で厳選していますので、ご了承ください。

 

※SEO対策・デザイン性・機能が使いやすいワードプレスを知りたい方は、WordPressのおすすめ有料テーマ7選・無料テーマ1選をご覧ください。

 

個人的な主観で選んいますが、本記事を読みお洒落なワードプレステーマに出会えましたら幸いです。

 

それでは、早速始めていきます。

 

 

おしゃれなワードプレステーマ無料3選

おしゃれなワードプレステーマ無料3選

 

まずは、おしゃれな無料ワードプレステーマを紹介します。

 

  • Cocoon(コクーン)
  • Luxeritas(ルクセリタス)
  • Xeory(セオリー エクステンション

 

Cocoon(コクーン)

出典元:Cocoon公式サイト

 

無料のWordPressテーマで有名なものと言えば、『Cocoon』がよく名前にあがります。

 

有名ブロガーさんが無料ブログのテーマで一番勧めるのに、「Cocoon」を勧める方が多い気がします。

 

実際、僕も過去に使っていたテーマでして、優しく雰囲気の良いデザインでとても使いやすかったです!

 

また、カスタマイズするのにも簡単にできて、安心してサイト運営することができました。

 

ワードプレス初心者で無料のテーマを使用を検討している方であれば、お洒落なテーマなので選んで損はないと思います!

 

Luxeritas(ルクセリタス)

出典元:Luxeritas公式サイト

 

2つ目が、Cocoonと並んで無料とは思えないほどお洒落なデザインなのが『Luxeritas』です。

 

無料のテーマではありますが、レスポンシブデザインでSEO対策もされています。

 

Luxeritas公式サイトによると、多機能・高いカスタマイズ性なので、ブログ初心者にも使いやすいのではないかと思います。

 

デザインに関しましては、全体的にシンプルで、SNSアイコンのデザインも綺麗で充実している印象です。

Luxeritasは、有料テーマに引けをとらないデザインだと思います。

 

Xeory Extension(セオリー エクステンション)

出典元:Xeory Extension公式サイト

 

3つ目が、バズ部の運営ノウハウが詰め込まれたワードプレステーマ『Xeory Extension』です。

 

多くの企業サイトも利用しており、コーポレートサイトのコラム記事なんかにマッチするデザインという感じがします。

 

>> WordPressのデザインカスタマイズ事例一覧

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

また、『Xeory Extension』とは別に、ブログ・メディアに特化した「Xeory Base」というワードプレステーマも提供しています。

 

デザインのカスタマイズに、HTML,CSSの知識が多少必要そうですが、デザインは先に紹介した無料テーマと並んでシンプルでお洒落だと思います。

 

テーマのダウンロード・確認したい方は、XeoryのWordPressテーマ一覧からできます。

 

おしゃれなワードプレステーマ有料8選

おしゃれなワードプレステーマ有料8選

 

続いて、おしゃれなワードプレステーマ有料8選について、紹介します。

 

  • AFFINGER5(アフィンガー5)
  • JIN(ジン)
  • SANGO(サンゴ
  • DIVER(ダイバー)
  • TCD
  • STORK19(ストーク)
  • The Thor(ザ・トール)
  • STREETIST(ストリーティスト)

 

AFFINGER5(アフィンガー5)

出典元:AFFINGER5公式サイト

 

株式会社オンスピードが提供している『AFFINGER5』は、”かっこいい”から”可愛い”までを作成できるデザインです。

 

個人ブログはもちろん、企業のWebサイトにも活用できる機能やデザインが揃っています。

 

光るボタンや、タブデザイン機能があり一見するとスタイリッシュな印象です。

 

また、かっこいいデザインが多いですが、背景色を変えたり、角丸を丸めたりすることで「可愛い」サイトへと簡単に様変わりできるテーマです。

 

デザイン済みデータも配布されているので、購入前に参考にしてみたい方は、AFFINGER5公式サイトを参考にしてみてください。

 

個人ブロガー・企業サイト両方に使えるお洒落で、オールマイティーなワードプレステーマの1つです。

 

JIN(ジン)

出典元:JIN公式サイト

 

JIN(ジン)』は、専業アフィリエイターのひつじさんが「アフィリエイト」、「SEO対策」の知識を集約して作成した有料のワードプレステーマです。

 

デザインの印象としては、ふんわりと優しく、記事一覧にあるカード型のデザインは、カーソルを上に乗せることでフワッと浮き上がるので、使っていて快適に感じます。

 

また、ページ内にあるボタンもカーソルを合わせると”ニョキッ”と動いたりして、押したくなる実装が施されています。

 

ボックスデザインも20種類あり色も落ち着きのあるカラーが豊富にあるため、どんな人が使っても困らないデザインテーマだと思います。

 

sango(サンゴ)

出典元:SANGO公式サイト

 

続いて紹介しますのが、サルワカさんによって生み出された、心地よいワードプレステーマの「sango」です。

 

sango」は、”マテリアルデザイン”というデザイン手法を採用していますので、全体的に操作性が分かりやすい作りになっています。

 

また、ページ内のカラーは落ちついた色合いで、ボタンなどの細部の動きにとことんこだわっている感じです。

 

なので、サイトを長居したくなりボタンも押したくなるようなそんなワードプレステーマです。

 

DIVER(ダイバー)

出典元:DIVER公式サイト

 

一見して落ち着きがあり、スタイリッシュな印象がある『DIVER』です。

 

スタイリッシュでカッコいいので男性向けな感じがしますが、背景色を変更することでガラリとイメージが変わって可愛らしいデザインもできちゃいそうです!

 

参考:「DIVER」公式サイト

 

また、その他のデザインは、DIVER公式サイトデザインサンプルにて詳しくチェックできます。

 

多機能であるため、初心者の方には少し難しいという声もありますが、デザインは本当にかっこいいです!

 

当ブログを始める前には、正直DIVERを使うかも悩みました...。
KEI

 

それぐらいカッコいいワードプレステーマの1つなので、お洒落でカッコいいサイトにしたい方にはオススメです。

 

TCD

出典元:「TCD」公式サイト

 

TCD』は、個人ブログで使うワードプレステーマというより、企業サイトで使うテーマという感じです。

 

特に、企業のコラム・ニュース/プレスリリースや採用サイトで活用できるテーマだと思います。

 

また、LPページにも対応しており、ついスクロールを続けたくなるようなデザインで、今時のイケてるサイトです。

 

TCDのデザインを詳しくは知りたい方は、テーマ一覧から閲覧することができますので、確認してみてください!

 

STORK19(ストーク)

出典元:「STORK19」公式サイト

 

オープンケージは、ブロガー向けにシンプルで高機能なWordPressテーマを販売しています。

 

その中でもワードプレステーマの1つ『STORK19』は、ボックスデザインが優しい色と柔らかい感じの形なのが印象的です。

 

また、搭載されているマーカー機能の色は、落ち着いた色なので個人的に好きですね。

 

出典:STORK

 

オープンケージでは、その他にも「スワロー」「ハミングバード」といったワードプレステーマも提供しているので、以下を参考にしてみてください!

 

>> オープンゲージ ワードプレステーマ一覧

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

The Thor(ザ・トール)

出典元:「THE THOR」公式サイト

 

美しく・お洒落でスタイリッシュなデザインなのが、『The Thor』です。

 

公式サイトにも掲載されているように、プロのデザイナーがいなくても自分好みのデザインを簡単に設定することができます。

 

また、搭載されている機能で光るボタンは、カッコよく上品なサイトの印象を受けます。

 

その他にもページ上部に、動画を使ったり、女性らしいデザインにカスタマイズしたりと、カスタマイズ方法が無限にあるテーマです。

 

>> The Thor デモサイト一覧

※クリック後、外部リンクに飛びます

 

STREETIST(ストリーティスト)

出典元:「STREETIST」公式サイト

 

ホワイトとブラックを基調とした『STREETIST』は、洗練されたお洒落なデザインで、何となく海外サイトを想起させるようなデザインです。

 

多種多様なジャンルのサイトに使うことができ、個人ブログ・企業のコラムサイトでも使えそうなデザインです。

 

無駄な色を多く使っていないので、サイト全体で落ち着いた印象がありますね。

 

まだ新しいワードプレステーマということもあり『STREETIST』に関する設定方法の解説やカスタマイズ情報は少ないようですが、デザインは、他のテーマと比べても遜色(そんしょく)がないテーマです。

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Blog