Webディレクター

【体験談】Webディレクターを辞めたい理由と辞めたい時の対策

2020年8月1日

【体験談】Webディレクターを辞めたい理由と辞めたい時の対策

 

悩む人
Webディレクターが辛くて、毎日残業ばかりで辞めたい・・・。自分にWebディレクターはあってないかもしれない・・・。でも、このまま辞めてもいいのか心配。

 

こんな悩みに答えます

 

本記事の内容

  • Webディレクターを辞めたいと思う理由
  • Webディレクターを辞めたいと思ったときの対策
  • 対策したけど何も変わらなかった時の最終手段

 

そんな本記事を書いている僕も新卒としてWebディレクターとして入社しました。毎日残業や休日仕事ばかりで、1度体を壊してしまい、辞めたいと思いました。ただし、乗り越えて現在は、Webディレクター歴5年目になり、引き続き働いています。

 

本記事では、そんな僕の体験談を元に、『Webディレクターを辞めたいと思う理由』と『辞めたいと思ったときの対策』について、紹介します。

 

僕がWebディレクターを辞めたいと思ったときにとった具体的な行動と、これから辞めることを検討している人は何か参考になると思います。

 

 

Webディレクターを辞めたいと思う理由

Webディレクターを辞めたいと思う理由

 

Webディレクターを辞めたい理由は、新卒入社と、ある程度実績を重ねたベテランのディレクターとで、それぞれ辞めたい理由が異なります。

 

Webディレクターを辞めたいと思う理由
新卒でWebディレクターに入社しての悩み

 

新卒のWebディレクターの悩みは以下でしょうか。

 

  • IT用語がわからない。クライアントとの会話についていけない
  • ディレクションの仕方がわからない
  • クライアントからの要望を正確にヒアリングできない
  • スキルがないので、納期が近づいているのに企画書が完成できない
  • 現場のコーダー、デザイナーに正確な指示ができない

 

こんな感じでしょうか。(もちろん未経験の新卒で悩むことは他にもあると思いますが。)

 

新卒で入社したWebディレクターの悩みの多くが『スキルや経験不足』だったりします。

 

僕も新卒で入社した時は、圧倒的なスキル不足、実務経験のなさから何度も悩み辞めたいと思いました。

 

Webディレクターを辞めたいと思う理由
実績を積んだ中堅の悩み

 

ある程度経験を積んだWebディレクターの悩みは以下です。

 

  • 経験も積んで大規模の案件を任される仕事が多くなり責任重大
  • クライアントと制作スタッフからの板挟み
  • クライアントからの急な要件変更で残業続き
  • 営業からの無茶な相談をされて残業
  • ミスがありクライアントへの謝罪

 

まだまだありますが、こんな感じでしょうか。

 

経験・スキルもそれなりにあるため、大規模から中規模案件のWebサイト制作の企画立案を幅広く任されます。

 

そのため、責任も重大であり、複数の案件を同時並行でこなさないといけないので、仕事量が増えキャパオーバーになることが多いです。

 

Webディレクターを辞めたいと思ったときの対策

Webディレクターを辞めたいと思ったときの対策

 

上記のように、辞めたい要因はたくさんあります。もし、Webディレクターを辞めたいときには原因を明らかにして可視化して対策する必要があります。

 

なぜなら、Webディレクターを辞めたい本質的な原因が何なのかが明確に分かり、対策がうてるからです。

 

  • 現場の制作スタッフに正確な指示が出せない ⇨ プログラミングスクールに通いコーディングスキルを磨く
  • キャパオーバー ⇨ 上司に相談してリソースの配分を打診する
  • 現場経験が足りない ⇨ 案件を任せてもらえないか上司に相談する

 

こんな感じで原因を整理していくことが大切です。

 

結構、当たり前のことなので、これをして解決すれば苦労はしないと思いますが、頭で思っていてもWebディレクターを辞めたい理由は結構たくさんあります。

 

なので、1つずつ辞めたい理由を書いていき丁寧に1つ1つ解消していくことが近道です。

 

対策をしたけど、それでも辞めたい場合は迷わず転職するのが吉

対策をしたけど、それでも辞めたい場合は迷わず転職するのが吉

 

『何年か経験したけど、スキルが身につかず、やはりWebディレクターに向いていない』

 

など対策をしたけれど、それでも辞めたい場合は、迷わず辞めるのが吉です。

 

なぜなら、Webディレクターは向き不向きがはっきりする職種なので、自分に合わないと思ったら、Webディレクターを辞めるのもありです。

 

個人的な肌感ですが、スキルの習得するスピードに個人差はあると思いますが、Webディレクターに必要なスキルや業務の流れを理解できるのに、最低で2年ほどかかる感じがします。2年ほど続けてみてスキルが身につかなければ、仕事を辞めるかの判断をしてみてもいいかなと思います。

 

また、個人の実績にもよりますが、Webディレクターは調査から分析まで仕事をするので、Webマーケティングにも活かせる部分が大いにあり、転職としての需要も比較的あります。

 

僕の知り合いでも実際に「Webディレクター ⇨ Webマーケ」に転職した人もいるので、同じWeb関連の職種に転職してみるのもありですね。

 

開発会社ではなく事業会社で働く選択をしてみる

 

Webディレクターを続けたいけど、『仕事量が多すぎる』『キャパオーバー』で辞めたいのであれば、事業会社で働くのもアリです。

 

Webディレクターの仕事量が多く、キャパがいっぱいになる1つとして、市場調査競合分析など企画書を作成するのに調べたりするのに時間がかかり、どうしても仕事量が多くなります

 

特に、開発会社ですと金融、美容、鉄道など様々なジャンルのクライアントを相手にしますので、その分調査やデータ集めをしたりして時間を費やすことが多いです。

 

さらに日々の運用もしないといけないので、この繰り返しが重なることで、残業が多くなりキャパオーバーになります。

 

その点、事業会社は1つのジャンルの専門分野に特化でき、集中して作業ができるので、比較的楽です。専門分野に特化できると、調査するデータも過去のものを参考にできますので、調査に時間を費やさなくていいのです。

 

つまり、専門分野のノウハウが貯まって行けば、仕事量が多くてもそつなくこなせるようになってきます。なので、Webディレクターを辞めたい原因が、『仕事量が多い』『キャパオーバー』であれば、専門分野に特化した事業会社に転職してみるのもありです。

 

KEI

僕も開発会社から事業会社に転職をしましたが、比較的、仕事量や感じるプレッシャーは少ないですよ。

 

Webディレクターを辞めたい時は、まずは転職エージェントに相談してみる

Webディレクターを辞めたい時は、まずは転職エージェントに相談するのもオススメ

 

もし、Webディレクターを辞めたい理由が明確にわからず可視化できない場合は、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

 

転職エージェントでは、自分の要望に合わせた企業の紹介適性、そして履歴書の添削まで幅広くサポートしてくれます。

 

相談する際には、なるべくWebディレクターを辞めたい理由を明確にしておくといいです。

 

『Webディレクターを辞めたい理由』 ⇨ 『残業が多い』 ⇨ 『残業が今の会社より少ないWebディレクターの職はないか?』 ⇨  『実現可能な企業をエージェントが探してくれる』

 

こんな感じで、Webディレクターを辞めたい原因を1つずつ深掘りしていくといいです。

 

原因を明確に持っておけば、エージェント側も要望に合わせた企業をスムーズに紹介しやすくなります。

なので、相談前に辞めたい理由を分析しておくのがオススメです。

 

  • この記事を書いた人

keiblog

当ブログは、『シンプルで見やすい記事を発信!』をモットーに「ブログ・WordPress」などWebに関する役立つ情報を発信していきます。【経歴】アメリカ留学▶︎ 2015年ヨーロッパバックパック▶︎Webディレクター就職(歴6年)(コーディング・SEOが好きです!)▶︎ブログ開設

-Webディレクター